ここから本文です

モンスター・イン・パリ 響け!僕らの歌声 (2011)

UN MONSTRE A PARIS/A MONSTER IN PARIS

監督
ビボ・バージェロン
  • みたいムービー 13
  • みたログ 86

3.60 / 評価:43件

解説

 リュック・ベッソンが製作したフランス産3DCGアニメ作品。監督は「シャーク・テイル」のビボ・バージェロン。声の出演はバネッサ・パラディ、ショーン・レノンという異色のキャスティングとなっている。一匹のモンスターをめぐる騒動をファンタジックに描く感動のストーリー。自称発明家のラウルと映写技師のエミールが科学者に荷物を届けに行くが、あいにく当人は不在。ラウルが実験中の薬品を勝手に使って新薬を発明してしまったことから、猿が歌い出したり、ヒマワリが空に届くほど巨大化したり。あげくのはてにパリの街にモンスターが出現する事態に。しかし人気歌手のルシールは、モンスターが心優しく歌が大好きであることに気づき…。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ