レビュー一覧に戻る
ライジング・ドラゴン
2013年4月13日公開

ライジング・ドラゴン

十二生肖/CHINESE ZODIAC/CZ12

1242013年4月13日公開

sou********

2.0

THEおじさん映画

製作・監督・脚本ジャッキー・チェンと聞いて思い起こされるのはトムハンクスの「幸せの教室」です。今作も似たような雰囲気醸し出してましたねー笑 いい意味でこちらの方が振り切れていたとは思いますが笑 アクションスターのワンマン映画ということで劇中では間を置かず、過剰なアクションスペクタクルシーンが繰り返されます。そのため、何のためにこいつらがここにいるのか?という登場人物の行動原理が全く分かりません。※この問題は「スターウォーズ フォースの覚醒」にも共通しています。 脚本もローラースーツでコロコロとかジャングルの中を丸太でどーんとかスカイダイビングからの風船スーツぶしゅーなど「ジャッキーがやりたいことリスト」を大前提に書かれたようものなので、物語的必然性などは、ほとんどないという作り。 要所要所の「おかしな」演出も正直、上司のおやじギャグを聞かされたときのようなリアクションしかできない代物… ※笑いを狙っている部分よりも、ジャングルに行ったとき皆がお揃いのダイビングスーツ着てるとか世界のニュース映像の背景が庶民的に雑なイメージとか、風船スーツが割れるシーンとか狙ってないところで凄い笑ったのは確かです。 ラストとか滅茶苦茶過ぎて爆笑しました。赤ちゃん生まれるとか、より戻すとか、ほとんど劇中言及されていないので、その薄っぺらさたるや… 音楽もなんか使い回しみたいな感じで印象薄いです。 愛嬌はあると思いますけど、子供っぽいおじさんがじゃれてるのを延々見せられてもねぇという感じです ※はげたか…爆笑

閲覧数2,368