ここから本文です

許されざる者 (2013)

監督
李相日
  • みたいムービー 198
  • みたログ 1,748

3.98 / 評価:1,512件

猿真似

  • 百兵映 さん
  • 2017年5月11日 13時35分
  • 閲覧数 1294
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

 西部の、それも従来の西部劇とは一味も二味も違う西部の復讐劇『許されざる者』を、場所を日本に移し、言葉を日本語にしたというだけの話。これがもしオリジナル作品だったら面白味もあったろうけど、リメークとして作ったというのだから、どこにも面白味は感じられない。原作のインパクトが強過ぎるのと、舞台・価値観が入れ替え不可能ということだ。

 先ずイーストウッドの演技を渡辺謙にやらせようというのが無茶。あのキャラクターはこの人には無理。西部を北海道に移すのも無理。日本では大地であっても、所詮は維新(と称する)期の官軍の開拓(と称する)強行地、チマチマしている。女郎の仇を武士崩れが代行引き受けというのもあり得ない。武士道に反する(官軍にはすでに武士道はなかったが)。

 明治に時代が変わって、東北・北海道は成り上がりの新政府に酷い目に合わされた。それはそれで幾らでも映画にできるドラマが詰まっている。女郎の敵討ちをしてやろうというドラマも不可能ではない。それならそれで、その部分だけをオマージュして、オリジナル脚本を作るべきだ。その場合にも、イーストウッドの真似をしたらいけない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ