ここから本文です

沈黙の監獄 (2012)

MAXIMUM CONVICTION

監督
キオニ・ワックスマン
  • みたいムービー 10
  • みたログ 95

2.41 / 評価:61件

やはりセガール映画

デブってからのセガールは機敏な動きこそ出来ないものの、合気のような動きを要所に取り入れて上手く達人感を出している。
セガールの派手な肉弾戦は少ないものの、冒頭のチンピラを制する動きや、大ボスをブチのめす辺りは最高だ。

さて、本作はオースティンを相棒にして、CIAの機密情報を握る女囚を悪者から守るという筋書きだ。
だが、タダでさえ無双するセガールに元レスラーのオースティンが力を貸せば、鬼に金棒どころの騒ぎじゃ無い。
正直悪者軍団が貧相過ぎて、気の毒に思えて来る。
セガールが無傷でラスボスを屠るのはいつもの事だが、オースティンも銃器で武装した数人を素手で屠って殆ど無傷だ。
唯一オースティンに傷を負わせたのは、不意打ちをかました女スパイだけ。
もう1人良かったのが、セガールとオースティンの部下の男。
部下の男はアクロバティックな体術を使って、銃器で武装した悪者軍団を屠る。
素手で無双するオースティンと部下の男のお陰で、いつものセガール一強の図式にはならなかった。
セガール率いる怪物達に襲われるコソ泥達という描写に、何やらホラー映画的な印象すら覚えてしまう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • パニック
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ