2013年6月15日公開

俺はまだ本気出してないだけ

1052013年6月15日公開
俺はまだ本気出してないだけ
3.1

/ 1,234

12%
22%
39%
19%
9%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(309件)


  • キャンベル

    5.0

    ネタバレ二回目

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • clu********

    4.0

    隠れた傑作

    一番主人公になりにくい人物を主人公にして、話になりにくい話を映画にしている、のが、まず凄い。小津安二郎が今、映画をつくるとしたら、こんなお話になるんじゃないかなあと。こんなお話なのに、観終わると元気が出ます。 堤真一さんですが、しょーもない主人公を絶妙な立ち位置で造形していて、おかげで主人公が共感されない人物にギリギリでならない。この方の主演映画多々ある中で、一番いいと思うし、好きですね。堤さんご自身が、このキャラクターが素の自分に一番近い、とどこかで語っておられて大笑いしちゃいましたが。 あと、かつて、こんなことが起きたらどーすんべなー、映画とかにならないかなあ、と思っていたエピソードが終盤に出てきてビックリしました。 それから、つけている音楽について。ウクレレ一本でつくられている音楽が非常にセンスがいい。ゴンチチと知って納得。

  • スプレイ

    3.0

    超楽天家!!

    まず、脇役のキャストさえ有名俳優でびっくりした。 シズオ漫画家になる!って言ってすぐサラリーマン辞めちゃうのは流石に後先考えなさすぎ!と思ったけど、将来の不安ばっかりしてる人より人生楽しそうだなって。ああなりたいわけじゃないけどシズオ明るいので見ててたのしかった

  • per********

    3.0

    ネタバレ本気出すものがある人は幸せ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • miy********

    4.0

    「こんな奴いるわけねーじゃん!」と...

    ... そう思われる方もいらっしゃると思います。 いますよ、ここに。 えぇ、私、実にこの主人公と似たようなところがあります。 30歳手前でサラリーマン辞めて、シナリオライターになるんだとバイトしながらシナリオを書いてました。 あれから20年以上経つんだなあ。とはいえ、今も主な収入はバイトで稼ぐ。 まもなく新たなチャレンジに旅立ちます。 とはいえ、「キャバクラの新人オジサン」の立ち位置とは180℃違うよ。 やっぱり、大黒シズオ的キャラなんだなあ、俺。(笑)

  • mayumi-daichiii

    4.0

    笑っちゃえ

    何やってんだろ、俺 お前、ホントに、馬鹿なんだな…。 石橋蓮司に爆笑でした こんな人居ないと思ってる人いるかもですが、案外居るんですよ、こーいう人 身近にいて笑うに笑えない状況ですが、この映画を観て笑えてる自分に驚きました 自分の人生だよ、好きな事見つけて楽しんでくださいね 今だけ優しく言ってあげられる気がします

  • yor********

    4.0

    ありえない、ようなぁ、、、

    ありえるような、、、感じ。

  • さえばたろう

    2.0

    まだどころか最後まで

    本気ださねーじゃんw

  • ebi********

    3.0

    ネタバレ追加

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • oir********

    3.0

    いい年こいたおっさんのフワフワしたお伽噺

    なんだけど、意外にその浮ついた空気感が心地よくあったと言えなくもない。 映画的にはとても褒められた出来ではないが、ロケ地選択や俳優陣の演技など全体的方向性が監督の中には明確に見えていたのかもしれない。 フワフワ感を醸しながら、軟骨的バックボーンはしっかりしていたというのか・・。まぁそんな感じ。 監督の方針や演出次第では一線級の俳優でも締まりのないちぐはぐした演技にしか見えない場合もあるが、少なくとも本作では気になった俳優はなかった。 山田孝之の煮え切らない青年役もいいとは言えなくても悪いことはなかったので。 ※でも中にはイラつく人もいるかもしれないね。 あっ、一つ気になったのは指原莉乃。「ウーン・・指原っぽいけど違うかな・・」と思っていたが、エンドロール見たらやっぱり指原莉乃だったので、ああっそうなのかと。笑 総体的に微妙にポジ点が上回ったのは以前住んでいたっぽいロケ地に懐かしさを感じたというのもあるかもね。これもロール見てやっぱりそうだったのかと。 2.8の三ツ星

  • hap

    5.0

    必要なものは全部ある

    親、子ども、親友、夢。 主人公には人生で必要なものが 全部ある。だからこそ頑張れる。 あとは本気出すだけ!

  • よみし

    5.0

    40代前半には刺さる

    しがないサラリーマン真っ最中なので生瀬さんが演じたサラリーマンに感情移入してしまいました。その目線で見ると主人公が羨ましくも思えるから不思議です。 福田監督なので笑えると思って見たら、泣かされてしまいました。 モチーフは「描かないマンガ家」だと思ったら、タイトルまんまの原作があったんですね。

  • 週末社長ゆず

    3.0

    評価は低いが演出が悪いだけ

    キャストはいいし、画的にも見ごたえあるし、 夢を諦めきれないオジサンのもがきも面白いし、 タイトルもキャッチ―なのに世間の評価は低い。 最後に大きなオチがある訳でもないし、 消化不良のまま終わっていくからなんだが、 口ばっかりのダメ人間を徹底的に演出すれば 笑えたのに、勇気ももらえず、悲哀も無いのは 単に演出家の問題だと思う。

  • mov

    3.0

    キャストは

    良かった気がする。

  • tub********

    3.0

    ただのヤバい奴

    身近にいたら、友達にはなれそうもないかな。ある意味では羨ましいけど。 娘がどうしてあんなに父親を慕えるのかが定年に描かれていないから??『社会不適合者じゃん!』ってなるレベル。 あと生瀬の家族も薄っぺら。 他のユーザーさんのコメントでは原作は深いとのことなので、機会があれば読んでみたい。

  • es_********

    4.0

    お約束

    福田監督ってことで、お約束通り佐藤さんが出てきて、もうそれだけでokなんですけどねw 堤さん、相変わらず良かったです。 あんな濃い役を飄々と演じて、次々とやらかす事件とか没のマンガ作品とか次はなんだろ〜なんだろ〜ってとてもワクワクした。 まぁ、1番マンガチックで良かったのはおじいちゃんかも。衣装がずっとジジシャツとステテコっていうw昔ながらのおじいちゃん像が似合ってました。 愛ちゃん可愛かったけど、高校生は風俗バイト無理でしょw

  • anne

    1.0

    残念でした。

    この原作のテーマを何一つ理解せずに映像化した作品。 もし興味があれば原作読んで勇気をもらったり励まされたりしながら泣いて欲しい。

  • 豊崎久美

    3.0

    楽そうに見える人生

    はあっても、楽な人生は存在しないと思う。 自分は、ニートが知り合いに居るけれど現実の「ニート」はもっと酷いから。 シズオは、それでもバイトは年下に怒られながらもやっているし 漫画もボツになりながら葛藤しながら(「カミ」だの過去の自分だのは「葛藤」を映像で表現しているんだと思うけれど) 描いているから、本気かどうかは知らないけれど努力はしている人だと思う。 (もっと酷い人と比較したらになるけれど・・・) シズオがああいうキャラクターだからコメディーだけれど暗い性格に設定されていたら、とんでもなく暗い話にもなりそう。 宮田の息子が「シズオみたいになったら困る」ってシーンで子供なのに嫌な奴だと思った(呼び捨てだし) 橋本愛って子はすごく可愛くってこの子なら「激安ヘルス」じゃあなくって、もっと稼げそうだけれど(も、辞めた方がいい) 楽しめて、しんみりして、個人的には好きな作品。 42歳でこれからって誰もが「遅いよ!」と突っ込むところだと思うけれど。 人生に正解なんてないと思う、好きなように生きればいい他人に迷惑さえかけなければ。

  • 夢太郎

    1.0

    えなり

    事実 えなりかずき の父親もニートだと本人が言ってた。 口癖が 俺はまだ本気を出していない。 ww

  • caf********

    4.0

    主役脇役含めてハマっている

    コメディ映画は主人公の演技力が大事だと思うんだけど、堤真一が見事に中心となって話を引っ張る。 主人公の存在が少なからず影響してそれぞれの登場人物が自分の道を探していく過程が面白い。軽快なノリで誤魔化しているけどなかなか鋭い社会派な部分もあるし、鑑賞後の満足度は高い。

1 ページ/16 ページ中