2013年2月9日公開

PARKER/パーカー

PARKER

PG121182013年2月9日公開
PARKER/パーカー
3.3

/ 978

11%
29%
45%
11%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(145件)


  • carmania

    3.0

    可もなく不可もなく

    ごくごく普通のジェイソンステイサムもの。 ただ若干アクションは少なめ。 内容はあらすじ通りでそれ以上でもそれ以下でもない。

  • 風よ吹け

    4.0

    普通のJ・ステイサムもの

    強盗の中では無駄に殺しをしないとか、約束は守る、という美学を大事にするパーカーが、仕事の途中で殺されそうになって、後日復讐する、というお話。 ジェニファー・ロペスの絡み方が、冴えない不動産営業が途中から鼻を突っ込んでややこしくなる、というもので、もともとのパーカーの彼女クレアがいるので、三角関係にもなりもしない、というのが微妙なプロットですかね。 ジェイソン・ステイサムはいつものあれです、という感じで、極めてプロフェッショナルに仕事をこなしていくだけですが、殺し屋にホテルの部屋に忍び込まれるのはちょっと不用意な感じもします。 これを非現実的なスケールに拡大したのがジョン・ウィックのシリーズなのかな、と感じました。

  • bpp********

    4.0

    ネタバレご家庭で安心して見られるB級アクション

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kur********

    2.0

    めずらしくgood guyが主役

    この手のアクションサスペンスで庶民の味方勧善懲悪ヒーローの映画って なんか鳥肌立つな、キモい 相方の女うざいな、カネやる必要ないだろ

  • hir********

    3.0

    ネタバレロペスいらん

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • s_t********

    4.0

    ストーリーは単純だけど、演技はいい

    ストーリーはとても単純で、 とてもよくある悪党の仲間割れと復讐劇。 ただジェイソン・ステイサムの魅力がポイント。 あとカメラワークとか、映画のテンポとか良くて結構ストレスなく見れる。 ストーリーだけだと、☆3だったけど、そこらへんの心地よさがあるので☆4

  • TubeUnderground

    4.0

    普通に面白いアクション映画

    オハイオもフロリダも不自然なシーンもなく、普通に面白いアクション映画だった。映画館で見てもそれほど後悔しないかな。甘く見たら☆5でもいいが☆4.5でもいい。レビューの評価がなぜこんなに低いのか不思議。

  • muk********

    3.0

    犯罪者を助ける人が多くてしらける

    ステイサム嫌いじゃないのに外れ映画が 多く、毎回ガッカリしていたけど今回は アタリだったかな。 ジェイローにはイライラさせられるが それだけ演技の質が高いって事だと思う。 ラストバトルのショボさは伝説級。 冒頭でのシーンが良かっただけに 尻つぼみ感は否めない。 本作はどこかで見た様な感じで決して 褒められる内容じゃなかった。 でも嫌いじゃない。良作。

  • あーるびー

    3.0

    ネタバレ足手まといになるキャラっている?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 一人旅

    4.0

    R・スターク著「悪党パーカー」の映画化

    テイラー・ハックフォード監督作。 米国人作家:ドナルド・E・ウェストレイクがリチャード・スターク名義で発表した「悪党パーカー」シリーズの内、2000年初版のシリーズ第19作目「悪党パーカー/地獄の分け前」をテイラー・ハックフォード監督が映画化したアクション映画で、英国筋肉俳優のジェイソン・ステイサムが孤高の犯罪者を力演しています。 強盗のプロフェッショナルである主人公:パーカーは、オハイオ州で大金を狙った強盗を成功させるが、その際手を組んでいた犯罪一味に裏切られ金を奪われた上に瀕死の重傷を負ってしまうが、何とか一命を取り留めた主人公は一味への復讐を果たすべく彼らが潜伏するフロリダ州へ向かう―というクライムアクションで、仲間に裏切られた孤高の主人公の壮絶な復讐劇の行方を、ひょんなことから彼の協力者となった不動産業のヒロイン:レスリーとの関わり(&微妙なロマンス)を交え描いています。 主演のジェイソン・ステイサムが怒涛の肉弾アクションを披露していて、血まみれになっても戦い続けるタフさが最高に恰好いいです(とても痛々しい描写がありますのでご注意を…)。また、相手役を務めたジェニファー・ロペスもステイサムに負けず劣らずの存在感を見せつけていて、アクションには殆ど参加しませんがセクシーなタイトスカートが陽光煌めくフロリダの開放的ムードにマッチしています。

  • 雉間

    3.0

    面白いけどすすめる人は選ぶ

    まるでフォーマットがあるかのようなジェイソンステイサム映画。 面白いけどもう一度見たいとはならない。 見返すようなシーンもないし、視聴後の余韻もない。 トランスポーターやワイルドスピード、デスレースなどを一通り見て、ジェイソンステイサムが気になっている人にはオススメできる。 【ひと言】 そういえばジェイソンステイサムのパートナーって20歳下のモデルなのね。初めて知ったよ。 【参考】 ★★★★★…すごく面白い。 数年後にもう一度見たくなる。オチ、ストーリーがわかっていても見たくなるレベル。 ★★★★☆…面白い。 良い時間を過ごしたなと思える。友達におすすめできるレベル。 ★★★☆☆…普通。 悪くはない。が、2度はない。一度見れば満足。それでも映画として十分お金が払えるレベル。 ★★☆☆☆…つまらない。 劇場に行って後悔する。無料なら見る。ながら作業で見るレベル。 ★☆☆☆☆…すごくつまらない。 時間の無駄。無料でも見ない。お金をもらってやっと見てあげるレベル。

  • HERO

    3.0

    スマート、プロ、ハリウッド版五右衛門

    どこの組織にも属さない賢く強くセクシーなプロの強盗 vs 実はマフィアに属する見かけから憎たらしい強盗達の物語。 ジェイソンステイサムが演じると、強盗もどこかスパイの風体を醸し出し悪人には見えない。 絶対に一般人は殺さない、道義を守り恩には恩を返す律義さという役柄が、さらに善人に見えてしまう。 舞台がパームビーチで景色も街並みも爽やかな空気感。 クライムアクションなのだが、勧善懲悪という流れなので、観ていてもマイナスの感情にはならず爽快感ある映画です。 ラストシーンでさらなる追い打ちの爽やかな空気が映画から届けられます。

  • bou********

    3.0

    不可もなく

    見どころは、流血多めのジェイソンに、引っ張って登場ジェニファーの下着姿。新しい要素はないけど、要所要所でいいアクションを見せてくれます。

  • aix********

    4.0

    ネタバレパンにはパンを 血には血を

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tat********

    2.0

    格闘好きならおススメ・それ以外は・・・

    ジェイソンの肉体を生かしたアクション格闘もの。そちらに重きが行ってしまい、ストーリーが追いついていない感がある。 ハッピーエンドだが、盗品で金持ちになるのは両手をあげては喜べなく、日本人としてはスッキリ感なし ーー 2021/02/03 6

  • 名無しの権兵衛

    2.0

    セクシーハゲ

    なんかーストーリーややこしいし~。登場人物よくわかんないしー。ジェニファー・ロペスって顔でかいし~。つまんなかった~。

  • oir********

    1.0

    ステイサム奮闘も大味過ぎてポジ点皆無

    うーん・・・ステイサムはいつもの鉄板アクションと演技(まぁワンパターンだけどそれこそが持ち味)。しかしシナリオが在り来たり過ぎたのと、サブキャストがしょぼかったかもしれない。 まず序盤でステイサムを襲撃する場面で絶命させる詰めを欠いたのは余りに間抜けだった。あれじゃ死んでないのは誰にも明白だからね。 生かす必要があるとはいえバカ間抜けな人間のミスという設定を使うと途端に安っぽい手抜き臭が漂ってくる。そしてそれが本作の低レベル基調を決定づけてしまった。 浅はかなハイミスのヒロインにしてもそう。全然魅力がないもの。 巨大マフィアの尾を踏んだと言っても、一人の殺し屋しか襲ってこないしここでも拍子抜け。 クライマックスのドンパチ他もどうでもいい感じ。 エピローグ老夫婦の件、何のことかさっぱり分からなかったが、見終えた後に「ああっ、最初にステイサムを助けた人達か・・」と思い出した。そこは少しだけホコッと出来たかな。 1.1の一つ星 もうかなりステイサム映画を見たことになるがヒット率は3割と言ったところだろうか。 お気に入りの役者でもそんなもんなんだろうね。

  • しおびしきゅう

    4.0

    銀髪神父姿のステイサム!

    『日曜ロードSHOW!』で鑑賞! 録画して火曜日に! ジェイソン・ステイサムということで、楽しんで観たが、前にも観たことのある映画で、2回目だった! ここでも星4つ付けていたが、レビューは書いてなかった! ジェイソン・ステイサムのパーカーは、完璧な泥棒! 計画を立て、実行する! 死者どころか、ケガ人も出さない計画だ! だが、計画は完璧でも、実行する駒が計画通り動かないと、そりゃダメだよね! 初めて組む仲間4人とともに、100万ドルは綺麗に盗むが、被害者を出してしまう! しかも逃走中に、もっと大きい仕事に誘われるが、パーカーは拒否、分け前の20万ドルは貰えず、殺されそうになる! パーカーは、誰よりもタフで、腕っぷしも強いが、頭脳で勝負する泥棒だ! あくまでも筋を通すために、相手がどんな組織の人間であろうと、20万ドルを回収に、敢然と立ち向かうパーカー! ジェニファー・ロペス演じる、お金に困っている不動産会社勤務のレスリーも絡んで、そりゃもちろん、最後はスカッと事を成し遂げる訳ですが、その過程が楽しめる! ナイフ使いの殺し屋とやり合ったり、銃撃戦に備えて相手の銃に小細工をしたり! 昨日観た『ケープ・フィアー』(1991)の弁護士が、22年の年月を経て、だいぶ変わってしまった姿で出ていたね! ハーリー役のニック・ノルティ! だいぶ太って、老けちゃってたから、最初、気付かなかったよ! ジェイソン・ステイサムに外れなし! ちょっと痛くなるシーンが多かったけど、楽しめました! 映画って素晴らしい! そいつぁよかった! 2020年10月14日(水)01:11記

  • dim********

    2.0

    ロペスが何か違う

    役作りが下手なのか演出がおかしいのか、仕事にも私生活にも嫌気がさしてる冴えない女なのに、見た目はゴージャスなできる女ってとこに違和感が。 もう少し普通の格好して、人生に疲れた感じを漂わせてくれないと、あんな金持ち男がワンサカ寄ってきそうなセクシーボディで色っぽく愚痴こぼされても、共感も何もあったもんじゃない。 そんでまた変に金に執着してるけど、それが全然可愛くなくて、ただの強欲女にしか見えないのよ。 映画の中でも一人だけ浮いてた感じ。ミスキャストだと思う。それかロペスさんが役をまったく理解してないか、綺麗に見せることしか考えていないか。 ステイサムさんはまったく変わり映えしないのでどうでもいい。

  • カッチン

    3.0

    在りがちな軽いハリウッドアクション!

    それにしてもジェイソン・ステイサムは面白くて格好いいんだけどイマイチ重みが無くコテコテ・・・今回はニック・ノルティやジェニファー・ロペスが競演だから少し重みと渋みを期待したけどジェニファー扮するレスリーはお金に執着する30代後半の嫉妬感強く男に軽い印象を与える女に。。。 まぁ映画自体はパーカー(ジェイソン・ステイサム)が裏切り者に1人でボロボロになりながらも復習を完墜していくありがちな映画で最後まで飽きずに観れるけど、そろそろもう少し"陰謀のセオリー”のメルギブソン的な感じがあってもいいかなぁ~って思う今日この頃です。。。

1 ページ/8 ページ中