ここから本文です

体温 (2011)

監督
緒方貴臣
  • みたいムービー 8
  • みたログ 18

2.67 / 評価:18件

自分が最も落ち付ける場所は?

  • shi_no_zu さん
  • 2013年2月27日 18時49分
  • 閲覧数 593
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

おそらく漠然と観た場合、全体を通して滲み出て来るのは「孤独」という言葉なのではないだろうか? 

ただ主人公にとってみればそれは普通であり、「孤独」のコの字もなく楽しく暮らしているに過ぎないのだろう。

ラブドールの彼女とそっくりの女性が目の前に現れて波風を立てはするが、結局そのリアルな表情や言動に徐々に好感を持っていきながらも振り回されて、最終的には生身の彼女が登場する以前の生活が、最も落ち着く場所だということを認識させられるわけだ。

もちろん彼の生き方そのものはマイノリティなのだが、誰しも多くの人間と付き合いながら生活していく世の中で、人間と接することの難しさから逃げ出したい衝動というものがあるはず。
その場合の逃げ道は個々違っているだろうが、たまたまこの作品の主人公はラブドールだったわけだ。

ほとんど音楽が使われてなく、生活音がリアルに伝わってくる72分。
そのリアルさが耳障りな部分もあったものの、主人公とラブドールの生活臭をあともう少し観てみたい気持ちになった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ