ここから本文です

最高の人生のはじめ方 (2012)

THE MAGIC OF BELLE ISLE

監督
ロブ・ライナー
  • みたいムービー 70
  • みたログ 843

3.72 / 評価:517件

人間の最大の力は想像力だ!

  • fgq***** さん
  • 2019年12月18日 21時16分
  • 閲覧数 834
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

「スタンド・バイ・ミー」のロブ・ライナー監督作品「最高の人生のはじめ方」を鑑賞。

 主人公は、皆大好きモーガン・フリーマン。

 2012年に公開作品。



 モーガン・フリーマン扮するモンテは、事故で両足の自由を失った小説家。

 若い頃は野球選手だったが、交通事故により車椅子による生活を余儀なくされる。

 モンテの奥さんは子供が欲しかったため、事故当時、モンテは離婚を覚悟したものの、奥さんは挫けずに「一つのドアが閉まれば、別のドアが開く」といって結婚生活を続ける。

 そのおかげか、モンテは小説家として大成する。

 しかし、数年前、奥さんは亡くなり、今は、失意の中、夏の間だけ田舎町のコテージで過ごすこととなる。

 そこで出会った少女が、物語を書くにはどうすればいいのか、モンテに教えを乞う。

 モンテは少女に「想像力を使うのだ。想像力は人間の最大の力だ。」といって、物語を書くヒントを与えていく。

 それを通じて、モンテも徐々に小説を書く気力が戻っていく。



 ロブ・ライナーらしく、とてもシンプルなストーリー。

 割と最近の作品にも関わらず、CG、VFXは全くなし。

 アクションも、密室のトリックも、濡れ場もない。

 100%純粋な人間ドラマ。

 でも、結局、人間ドラマを超える映画ってない。

 「最高の人生のはじめ方」は、そんなことを改めて感じさせてくれる、ナイスな映画。



 想像力か。

 確かに、頭の中では、私はどんな悪党にだって、ヒーローにだってなれる。

 そして、私の中の想像力は誰にも奪えない。

 ただ、私の場合、想像力は乏しく、唯一、想像力がいかんなく発揮されるのはエロくらいか。

 官能小説なら私にも書けそう。すぐにでも。



 とにかく、この映画を観ると、もう少し生きてみようかと、希望が湧いてくる。

 もう少し頑張れば、誰かが閉ざされたドアを叩いてくれるのではと思わせてくれる。

 地味だけど、かなりお勧めです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • ロマンチック
  • 知的
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ