レビュー一覧に戻る
ドルフ・ラングレン ダブル・トリガー

いやよセブン

3.0

パニックハウス

豪華な家を買った若いカップル、夜、物音が聞こえる。 壁に違和感があり、はがしてみると大量の麻薬が見つかる。 携帯を車に忘れてきたため、取りに行こうとすると怪しい男が銃を突きつけてくる。 何とか家に逃げ込み、わけも分からずスイッチを押すと、ドアにシャッターが下り、防弾ガラスの窓など要塞のような家だった。 このタイプの映画は主人公や悪者の行動が理にかなっていないと、頭に?マークがウヨウヨ湧いてきてしまう。

閲覧数2,151