レビュー一覧に戻る
フッテージ
2013年5月11日公開

フッテージ

SINISTER

PG121102013年5月11日公開

一人旅

3.0

製作はBHプロダクションズ

スコット・デリクソン監督作。 ジェイソン・ブラム率いる気鋭の製作会社:ブラムハウス・プロダクションズが製作を手掛けたオカルトホラーで、好評を受けて続編も作られています。 スランプ中の推理作家が、次作の着想を得るため家族4人が殺害された曰く付きの一軒家に妻子と移り住むが、そこの屋根裏部屋で家族殺害の瞬間を映した8mmフィルムが見つかり、やがて不可解な出来事が自宅で頻発するようになって―という展開のホラー映画です。 Jホラーの金字塔である『リング』(98)やスペイン発の名作ホラー『ザ・チャイルド』(76)のエッセンスを感じさせるオカルトホラーですが、恐怖演出が“びっくり効果音×フレームイン”の常套パターンに甘んじてしまっていて、ぞわぞわさせる本物の恐怖感は希薄な作品となっています。 それでも、8mmフィルムの粗い映像による複数の殺害場面はショッキング&不気味な空気感覚を実現していますし、主演のイーサン・ホークの焦燥演技にも熱がこもっています。

閲覧数1,436