レビュー一覧に戻る
フッテージ
2013年5月11日公開

フッテージ

SINISTER

PG121102013年5月11日公開

unm********

4.0

邪悪すぎるフィルム

本作はブラムハウスプロダクション製作(ゲットアウト、ハッピーデスデイ、ハロウィンなど)です。 邦画ホラーの様な湿っぽさと同製作会社らしいどんでん返しが観れるオカルトホラーです。 構成としてはミステリーっぽくじわじわ怖さを展開させながらラスト30分にたたみかける感じで結構な怖さがあります。 ストーリーはスランプ中のホラー作家が新しい題材をと事故物件に家族で引っ越し→屋根裏部屋に古い8mmフィルム素材(フッテージ)を発見します。 中身はスナッフフィルム(殺人動画)ばかりで、その事件について調べていくと意外な過去と共通点が判り、、という話です。 ホラーレベルは割と高めで心臓に悪い演出や猟奇殺人、そしてオカルトの真の怖さを描いてます。 続編もありますがこの手の作品はパラノーマルアクティビティと同じで続編を作る度にややこしくなりそうです、、 本作が好きな方は有名かもですが「スケルトンキー」という2005年の洋画ホラーをオススメさせて頂きます。

閲覧数661