レビュー一覧に戻る
ダーク・タイド
2013年3月16日公開

ダーク・タイド

DARK TIDE

1132013年3月16日公開

スナフキンM

1.0

ネタバレほめるところは1つもありませんね

ドキュメンタリータッチにしてリアリティ感を出したかったのだろうか。全然効果なしである。 主役のハルベリーは大切な人を鮫との遊泳失敗で亡くしている。実際、トラウマになって、やめるが、ちょっと昔の仲間に誘われたのと、金銭的な苦労のわかげで、バカな親子連れを客として、またもや鮫との戯れツアーを受けてしまう。まずこの時点でダメであろう。反省していないのだ。 イルカやシャチのように芸を覚える存在ではなく、しかも鮫は鮫でも「ジョーズ」でも有名な最凶のホオジロザメだ。この鮫は本当に無表情な目しているんだ。もっと可愛い、人間襲わない鮫いっぱいいるのに。 でまあ、話はくだらなくても、海の話だし、映像よければと思ったが、カメラは意図的か揺れまくるし、アングルも意図がわからない。水中シーンも誰だかもわからなければ、今何やっているかもわからない。鮫のシーンのほとんどはどこかの別撮り。で嵐で難破のシーンはスタジオ撮影のようであった。こういうのにハル・ベリーのような人でるんだねえ。 鮫がどのタイミングで出るかが怖いんではないんのか?狙いがわからない。やはりスピルバーグは凄かったんだんだな。あんな作り物のロボット鮫のが全然怖いんだから。

閲覧数1,157