ここから本文です

くちづけ (2013)

監督
堤幸彦
  • みたいムービー 205
  • みたログ 827

3.81 / 評価:658件

はるかさんと友達になりたい!

  • sky***** さん
  • 2015年9月27日 20時44分
  • 閲覧数 3417
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

はるかさんはきっといい人なんだろうなあと思いました。こころからひとのことを想うことができるんだろうなと思いました。
あくまで勝手な想像ですが、
知的に障害のある方が当たり前にいる環境で育った彼女は、相手の気持ちを察することと、自分の意見を主張するということができるようになってしまったのではないでしょうか。偏見ということを知らない彼女は、一般の人々が障害者と呼んで差別云々と議論していることに何か居心地の悪い思いをしているのではないでしょうか。
そんなはるかさんと一度友達になって仲良くなってみたいと思いました。

かわいいですし。(冗談です)



ただ、この物語の結末は悲しすぎます。
ある本で、社会は障害者を世間から抹殺しようとしているみたいなことが書かれていましたが、そのことをふと思い出しました。捉えようによっては、この映画からはその一端が垣間見えるつくりになっているような気がします。
すっきりさせればいいというのでしょうか。すこし恐ろしかったです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ