ここから本文です

くちづけ (2013)

監督
堤幸彦
  • みたいムービー 202
  • みたログ 802

3.82 / 評価:636件

至るまでの過程

  • gre***** さん
  • 2017年10月4日 21時12分
  • 閲覧数 2933
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

「なぜ最愛の娘を、父は殺さなければならなかったのか」

そこに重点を置くよりも

「殺さなければならなくなるまでの過程」

を観る映画だった。

正しい選択だったのか。
否か。

父親が病気を患わなければ、この結末には辿り着かなかったのか。






また、殆ど変わり映えしない風景(セット)にも、シャボン玉や桜の花びらを散らす演出で、観ている者を飽きさせない所がとても好きでした。

非常に内容の濃い、映画でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 楽しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ