2013年6月8日公開

ハル

602013年6月8日公開
ハル
3.4

/ 113

32%
19%
24%
13%
12%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

最愛の人、ハルを飛行機事故で失ったくるみ。ケンカしたままハルが帰らぬ人となり、くるみは生きる力をなくしていた。ヒト型ロボットのQ01(キューイチ)は、彼女のためにハルにそっくりのロボハルとなり、くるみと一緒に住むことにする。ロボハルが頼りにできるのは、かつて、くるみが願い事を書いたルービックキューブだった。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(52件)

切ない21.6%泣ける15.7%ファンタジー11.9%かわいい11.9%ロマンチック11.9%

  • sb5********

    2.0

    ネタバレ誰が観ても確実に同じ部分に疑問を抱くはず…大人の事情でもあったのか?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ささ

    2.0

    ネタバレ️️️演出なのかねぇ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sky********

    1.0

    ネタバレ全然ダメだと思う

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • pnk********

    3.0

    ネタバレラストのための物語

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • つとみ

    4.0

    ふんわりハートフルなロマンスSF

    とてもいい物語で、ドラマ系SF作品の良作だと思う一方で、あまりにもフワフワしていて無理のあるストーリーだったとも思う。 ネタバレ回避で詳しくは書けないが、あるキャラクターの心の有り様があまりにも不自然で、無理があるにも限度ってものがあるでしょとツッコミたくなった。 その辺のツッコミどころを無視するならば、基本的にはハートフルなラブロマンス系で、切ない恋の物語だ。 ハルとくるみが心を通わせていく過程を優しく丁寧に描いていて、そこから元の二人の愛を感じることもできる。 もちろん、キューイチの無垢さや優しさなども。 ラブロマンス作品としてはそこそこオススメ。SF作品としては、興味深いけれどオススメとは言い難い。 結局、誰にオススメなんだ?私は楽しめたけれど。やっぱり人工知能とかのSF好きにかな。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


日笠陽子くるみ
宮野真守リュウ
辻親八荒波
橘U子エリカ
イッキネパール人
佐藤奏美メガネ
倉富亮リュウの仲間

基本情報


タイトル
ハル

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日