ここから本文です

エイリアン バスターズ (2012)

THE WATCH

監督
アキヴァ・シェイファー
  • みたいムービー 24
  • みたログ 255

3.53 / 評価:108件

ほっこりした

  • johnny774 さん
  • 2016年6月7日 19時35分
  • 閲覧数 460
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

『エイリアンバスターズ』面白かった。
アメリカの田舎町で起きた謎の連続殺人、その犯人を見つけるために結成された秘密クラブご近所ウォッチャー。オヤジ世代特有の下ネタトークと缶ビールを片手に、意外とグロいエイリアンをぶちのめせ!なストーリー。

ストーリーは割と普通なんですが、この映画の真髄はティーンエイジャーが主役な所ではなく、娘を持つ親父や子供のいない家庭の夫婦、母親と二人暮らしで実家に住んでる男などなどパッとしない男達が主役なところです。つまり、なんの特徴もない普通のおじさん達がエイリアン達と戦ってしまう物語。導入部も仕事場から近所の集まりの説明などなど実に田舎臭い。しかしそんな田舎臭さから感じられる哀愁そそが、この映画の真髄だと思います。


おっさん達がクラブを作るやいなや、子供のようにハシャイで秘密基地作ったり、いきなり車で遊びに誘ったり酒飲みながら下ネタトークに花を咲かせたりするところからなぜだかもう泣けてくる。観終わった後の謎の哀愁感が本当にすごい。

特におっさん達が宇宙人の死体()と初の記念撮影をするシーン、よく分からないんだけど何故か感動してしまう。ここが初の泣くところなんです。なんでだろう。おじさん達の笑顔も眩しくて観てるこっちも笑顔になる。

主役のベンスティラーは皆が想像している通りのベンスティラーで、ナイトミュージアムでもLIFE!でもそのまんまのイメージで良いと思います。

とても面白かった!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • パニック
  • 恐怖
  • 勇敢
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ