ここから本文です

ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮 (2012)

EN KONGELIG AFFAERE/A ROYAL AFFAIR

監督
ニコライ・アーセル
  • みたいムービー 115
  • みたログ 318

3.83 / 評価:175件

予想以上に見応えアリ

  • motorhead_lemmy さん
  • 2013年6月2日 21時55分
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

「バレット」を鑑賞した直後だったので、本作が尚更、素晴らしい作品に思えてしまった(笑)
いや、それでなくとも傑作に値する作品だと思いますよ。
「偽りなき者」でも素晴らしい演技を披露していた、マッツ・ミケルセンですが、本作「ロイヤル・アフェア」でも素晴らしいです。
本作の方が際立った存在かもしれません。
繊細な男から一転、男気のある勇敢な役を演じています。
王妃を演じた、アリシア・ヴィカンダーも24歳と若いのに存在感抜群です。

ストーリー自体も凄く重厚で、見応えが十二分にあります。
史実に基づいたストーリーを壮大に描いてる訳ですから飽きさせませんね。
国王を演じた、ミケル・ボー・フォルスガードの狂気に満ちた演技も凄いですが、これも演出の素晴らしさを際立たせてると思います。
本当に完璧に近い感じの作風ではないでしょうか。
感動はしないけど、凄く切ない気分になったな…。

しかし、ヨーロッパ映画は作りが巧いですよね。
特に史実に基づく作品なんて、素晴らしい脚本をシンプルに、飽きさせない作りをする訳ですから。
ま、中には合わない作品もありますが。

でも、このような不倫と云う史実が埋もれる事なく、公の場に出されるとは、ヨーロッパ映画はまだまだ深い!!!
ハリウッド映画には無い魅力がまだまだ沢山あるのでしょうね。

本作も、お見事な出来だと思います。
映画館の大画面で堪能出来て良かったです。

最後の残酷な結末は、評価が大きく分かれるでしょうね。
ダメな人はダメでしょう。
これから鑑賞予定の人は十分に注意して下さい。
僕は☆5つ付けますけどね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ