ここから本文です

ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮 (2012)

EN KONGELIG AFFAERE/A ROYAL AFFAIR

監督
ニコライ・アーセル
  • みたいムービー 116
  • みたログ 318

3.83 / 評価:175件

国王と侍医の物語

  • ゆーきねこ さん
  • 2013年5月2日 14時23分
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

王妃と侍医の禁断の愛、というより、国王と侍医の関係が中心の物語だと感じました。

国王・クリスチャンにとってのストルーエンセは、単なる侍医ではなく、もはや生きていくうえで必要不可欠な存在になっていました。
それは、王妃との不倫を知っても彼を追放せず、そばに置き続けたことからもわかります。
貴族たちにはめられ彼を処刑台に送ることになりながらも、「特赦を与えて、早く会いたい」と語るシーンが切なかったです。
クリスチャン役の俳優さん、素晴らしかった!
マッツ・ミケルセン以上に印象的でした。

ストルーエンセは思想は間違っていなかったけれども、途中からは純粋な正義感からではなく、国を動かすことの快感によるものに少しずつ変わっていっていたような気がします。
思想が正しくても、それを実行する方法の大切さを感じた映画でもありました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 知的
  • 切ない
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ