オンディーヌ 海辺の恋人
3.2

/ 81

16%
22%
38%
14%
10%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(15件)

ロマンチック16.2%かわいい13.5%不気味8.1%不思議8.1%ファンタジー8.1%

  • joz********

    2.0

    ファレルがショボすぎ

    またツマらぬ映画を見てしまった。 漁師が網を上げてみたら、中に美女がいた・・・という出だし。 当然、彼女は人魚じゃないかと誰もが疑うはず。 アイルランドの古い人魚伝説などと絡めて、人魚に違いないと観客を徐々に誘導していきます。 ところが彼女は・・・ という筋書き。 まあ、アイデアは良いとしよう。 だけれど、映画として仕上げる力量を監督は持っていなかった。 コマ割りがひどい。 コリン・ファレルのショボい演技が延々と続く。 子役の少女に狂言回し役を担わせるのだけれど、上手く使えていない。 他に何人か物語に絡むのだけど、全てが中途半端。 唯一の救いは、女優のアリシア・バックレーダがやたら魅力的なこと。 この映画を撮った後、ファレルは彼女と恋仲になり、子供まで産ませたというオチがつきます。

  • chako

    1.0

    おもしろくない

    時間の無駄でした。

  • hir********

    4.0

    ネタバレ現実のオンディーヌと非現実世界の「人魚」

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • マルコ ポーロ

    4.0

    ニールジョーダン、らしい。

    人生は不思議に満ちている。偶然も必然もひっくるめて、混沌としていて、一寸先は見えない。浪の逆巻く時の海を、人は力尽きるまで、泳ぐのみ。でも、最後にはきっと、波間に漂う安寧が誰にも、公平に訪れるのだろう。そんなことを想いながら見た。監督の目線はウエットで脆く、鬱々して、でも底辺にはへこたれない逞しさと、ユーモアがある。車椅子の病人を海に浸けたり、寒い土地で、住民は皆厚着なのに、人魚とは言えいつも薄着過ぎるだろ、とか突っ込みどころがあるのだけれど、映画としての全体調和感に、感動する。ニールジョーダン、好きだ。ま、細かいことは、いっか、。

  • yuki

    2.0

    ネタバレ微妙でした。

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
オンディーヌ 海辺の恋人

原題
ONDINE

上映時間

製作国
アイルランド/アメリカ

製作年度

公開日
-