ここから本文です

チェリーについて (2012)

ABOUT CHERRY

監督
スティーヴン・エリオット
  • みたいムービー 14
  • みたログ 132

2.58 / 評価:71件

ジェームズ・フランコが出ていた

  • fg9***** さん
  • 2017年4月13日 10時43分
  • 閲覧数 2666
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

 …あらすじは、解説のとおり。
 内容は、アシュリー・ヒンショウ(初めて見る女優だが、それなりの雰囲気はある)が、ボーイフレンドの紹介でヌードモデルになるが、やがてそれが嵩じてポルノ映画にも出るようになる。
 その時の女流監督(カメラマン)を『5デイズ』のヘザー・グラハムが演じているが、アシュリーよりも美しくて見飽きない。
 そして、ヘザーはレズビアンでアシュリーと結ばれ、そのアシュリーも結末では別の才能が開花して大出世の幕引きは多少好感が持てた。
 あっ、そうそう、こんな映画と言っては失礼だが、『127時間』のジェームズ・フランコが日本絵画贔屓のジャンキー役で出ていたのも嬉しかった。
 一見の価値くらいはあった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ