ここから本文です

チェリーについて (2012)

ABOUT CHERRY

監督
スティーヴン・エリオット
  • みたいムービー 14
  • みたログ 132

2.58 / 評価:71件

決意が免罪符

  • t32 さん
  • 2018年2月8日 13時45分
  • 閲覧数 1338
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

チェリーことアンジェリーナ(アシュリー・ヒンショウ)は窮屈な親元からまんまと逃げ出し、理解のあるルームメイトもいて、弁護士でイケメンの彼フランシス(ジェームズ・フランコ)もでき、だいぶ充実しているように見える。
飲んだくれだというの母親も、救いようがないほどのクズというわけでもない。

はじめはヌードモデルから始まり、なのに何が不満なのか、あるいは何を求めてなのか、少しずつ、しかし確実にポルノの世界に浸っていく。
一応金銭目的っぽい雰囲気はあるけど、それほど金に困っているようにも見えない。

クライマックスでやっとジレンマらしきものが見えるが、それはあくまで彼女の周りが感じたもの。本人には全く響かない。

その弁護士の彼とも、理解者であるルームメイトの彼とも決別し、自分で答えを見つけるという決意を免罪符にしてさらなる深みに沈んでいく。

結局レズビアンの監督マーガレット(ヘザー・グレアム)のパートナーに落ち着き、ポルノの制作側に回る。

ただ流されているだけのような印象もあるにはあるが、つまるところポルノという世界の水が彼女の肌にあった、ということなのだろう。

テーマは重そうなイメージがあるけどとことんポジティブで、鑑賞後の印象はむしろ爽やかですらあった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ