ここから本文です

ヒステリア (2011)

HYSTERIA

監督
ターニャ・ウェクスラー
  • みたいムービー 103
  • みたログ 303

3.60 / 評価:161件

長すぎるしつまらん

  • メル さん
  • 2018年11月2日 23時51分
  • 閲覧数 591
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

要約するとヒステリーの治療用としてバイブが作られた。中身はこの一文だけなのに長々と映画を見せられて苦痛だった。
コメディならもっと面白くしなきゃ駄目でしょ。歴史のドキュメンタリーみたいに淡々と映画が進行していくだけでどこにコメディ要素があったのか分からん
シャーロット役の女優さんの口元がだらし無い感じで喋る度に気になった。
演技もくどい。仰々しくて憎たらしい感じの演技でした。もっと演技力のある人だったら、そんな役柄でも観客に親しみを感じさせただろうけど残念でした。
ヒステリー、治療という名の手マン、夫が理解できない女の不満は全てヒステリーという病気扱い、根本にあるのは抑圧された女性の鬱憤、参政権、女性の社会進出。
やりたい事は分かるんですけど詰め込みすぎ。映画は論文じゃないんですよ。
もっと的を絞った方がいいでしょう。
中途半端に全部入れようとするから表面だけ謎ったようになるんです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ