レビュー一覧に戻る
終戦のエンペラー
2013年7月27日公開

終戦のエンペラー

EMPEROR

1072013年7月27日公開

sad********

5.0

ネタバレ昭和天皇登場シーンは必見

GHQのマッカーサーの側近の目線で語られる、戦後処理を主題に置いた話で、 アメリカ目線、GHQ目線で語られているストーリーです。 トミーリージョーンズのマッカーサーは様になってましたねw 天皇という特殊なポジションと、 現人神というあり方について、天皇というものを戦後どのようなあり方変えていくのか、どのように自治していくのかというのを、GHQがここまで心血を注いで考えていたかという歴史的事実に関しては、この映画で初めて知りました。 占領しようとせず、再興させようとしていたんですね。もちろん映画として美化はされているとは思いますが… 天皇というポジションが、謎につつまれており、その謎を解き明かしていくというある種ミステリータッチで描かれています。 本当に丁寧に、丁寧に、天皇の謎に包まれた神性を描いていて 昭和天皇の登場シーンは鳥肌が立つほど でした。 そして。いざ現れた謎多き現人神が、 穏やかで、どちらかと言えば、王族や神のオーラなどを感じない 小さな男であったことに 一瞬拍子抜けをする感じや、 いざ話してみると、日本国の主として 高潔な魂をもった人物であることの 二重のギャップを喰らい、 昭和天皇に心酔してしまったと言われるマッカーサーの気持ちを疑似体験させてくれます。 太平洋戦争から復興というよりは、 当時のアメリカからみた「天皇」という というイデオロギー、アイデンティティについてに焦点を、絞った話となっているので、重苦しい空気はなく、割と淡々と楽しめる映画です^_^

閲覧数237