ここから本文です

終戦のエンペラー (2012)

EMPEROR

監督
ピーター・ウェーバー
  • みたいムービー 317
  • みたログ 1,432

3.60 / 評価:926件

この惑星の天皇制は…43点

  • メッシ さん
  • 2016年2月8日 19時23分
  • 閲覧数 1985
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

「ここは島だ、逃げられん」米軍将校

「外人が来る店って決まってるんだろ」日本人
「いや、そこら中にいるぜゴキブリみたいに」日本人

「家内は亡くなりました。最初の東京空襲で」タカハシ
「立ち直ったか」准将
「少しもです。死のうとすら…」タカハシ



この惑星の天皇制というものはさっぱりわけがわからない…敗戦国の癖に皇居に入るなとか陛下に触れるな影を踏むなとか…


なんか日本美化し過ぎ。中村雅俊や西田敏行などの話す日本の美意識とか全く心打たれない。特権階級の奴等の勝手な言い種。極めて不快。兵士は天皇のためになんか思って戦争してねー。どうしょうもなかっただけ。
日本を誤解してるし、酒場で米軍将校を喧嘩して殴るなんて出来ませんて。当時の雰囲気は流石に再現してるけど、ただそれだけ。この映画が何を伝えたかったのか全くわからなかった。


つか結局この映画で天皇の戦争責任ないとは納得出来ない。一部の重臣の勝手な意見だけで免罪じゃあ説明不足。日本人以外なら尚更だと思う。
仮に天皇断罪して大統領制にしても普通にやっていけたと思うよ。まぁ本当に日本は運が良かったね。
初音はなんでこういうつり目の女を欧米人はいつも選ぶかなと思ってたの、なんか途中から美人に見えてきた。西田敏行は実はサディストだから軍人役は冗談キツかったw
トミーリージョーンズのマッカーサーはやはりボスのCMの宇宙人にしか見えなかった。

ラブシーンないです。キスシーンだけ。その後セックスに流れたと思う情熱的なキスシーンでしたけど。

43点

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • 勇敢
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ