2013年5月4日公開

ビトレイヤー

WELCOME TO THE PUNCH

992013年5月4日公開
ビトレイヤー
3.2

/ 199

7%
24%
53%
11%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

大物犯罪者ジェイコブ(マーク・ストロング)を追い掛けてきたものの、深手を負わされた上に逃げられてしまった捜査官のマックス(ジェームズ・マカヴォイ)。そんな中、あるトラブルに巻き込まれた息子の身を案じたジェイコブが潜伏先から姿を現す。逮捕する絶好のチャンスだとしてすさまじい執念で彼を追うマックスと、その追撃を巧みにかわしていくジェイコブ。やがて、自分たちが政府と強大な謎の組織が関与する陰謀に巻き込まれているのを知った彼らは、一時的に手を結んで戦いに臨んでいく。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(50件)

かっこいい28.4%勇敢25.9%切ない7.4%悲しい6.2%知的6.2%

  • nat********

    3.0

    マーク・ストロング見たさで鑑賞

    映画としてはイマイチだった「リボルバー」でお気に入りになったマーク・ストロング。 その彼の作品を「キングスマン」を見た時だったか? 漁っていた時に気になっていた作品。 マーク・ストロングはやっぱりカッコいい! 渋い! でも映画としては普通… マーク・ストロングが演じるスターンウッドという犯罪者なんですが、あまり人物像が伝わってこなかったので、なんでマックスを殺さなかったのかわかんない。丸腰の人間は殺さないのか?そこが最後まで疑問でした。 ストーリーも裏切り者が誰なのか容易に想像がつくし、動機も弱い… ファン目線からいうと、どちらかといったらマーク・ストロングを主人公にして、ジェームズ・マカヴォイをサブにした方が人物のバックボーンを描きやすく面白みのある映画になったのかもしれない。

  • hal********

    3.0

    アマプラの高評価を信じるなかれ

    たまにあるよね。 聞いたことない映画が星4以上になっていて、おっ!と思って見たら普通だったパターン。 ジェームス・マカヴォイ✕マーク・ストロングが珍しく渋くて、全体の雰囲気は悪くないんだけど…いかんせん普通。 一生懸命ややこしくしようとしてる感がヒシヒシと…。 アマプラさん、ハードルあげんといてくれ。

  • yor********

    4.0

    人材も消耗品。

    「末端の不要な公務員は、このように、処分される」と、言う、感じ。

  • ヤフ王

    3.0

    ネタバレ拳銃不携帯のイギリス映画

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • hokahokamokomoko

    4.0

    前半やや淡々とした印象もあったが

    大物犯罪者ジェイコブを取り逃がしてしまった手痛い過去を持つ刑事のマックスが、ジェイコブ絡みの事件を捜査中に謎の陰謀の存在に気付き奔走する姿を描くアクション映画。ジェイコブに撃たれ心も体もやや落ち目なマックス。マックスに慰めの様に語りかける相棒の女刑事サラ。マックスの上司のトムがいかにも何かありそうであったが。前半やや淡々とした印象もあったが、マックスとジェイコブが協力し合い大きく動く後半は迫力あり。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ビトレイヤー

原題
WELCOME TO THE PUNCH

上映時間

製作国
イギリス/アメリカ

製作年度

公開日

ジャンル