レビュー一覧に戻る
ビトレイヤー
2013年5月4日公開

ビトレイヤー

WELCOME TO THE PUNCH

992013年5月4日公開

jh_********

4.0

ネタバレ「イギリスでは警官でも銃を持っていない」

銃規制論者がこの映画を見たらどう思うんだろうか そもそも本国のイギリス人から見て この「警察幹部の論理」が説得力を持ったものなのか それとも「ありえないわ~」となるのか知りたくなります 銃犯罪の犠牲となる警官が増加する中で 警官に銃武装をさせたい警察幹部 銃犯罪を煽ることで現政権を打倒したい影の内閣 大口の納入先を確保したい兵器産業 その中で翻弄される現場の警官と犯罪者たち 以上に面白い対立構図ではありました が、最後のシーン、 主人公が逮捕されるところで終わるわけですが これ多分主人公のことを誰も信用しませんよね 犯罪トップは全員死んでしまっているわけで 一人残った影の内閣の女が自白するとは思えない その中でトンデモ陰謀論を主張しても 信じてもらえる可能性はゼロに近いです 普通に同僚警官殺人罪で裁かれてしまう気がします

閲覧数641