レビュー一覧に戻る
ビトレイヤー
2013年5月4日公開

ビトレイヤー

WELCOME TO THE PUNCH

992013年5月4日公開

黄昏の息子

4.0

好感がもてるつくり

 今はリュック・ベッソン調の「ウソまみれでご都合主義」のサスペンス映画が全盛。  そんな中で、あえてシリアスなテイストを追求した映画です。  派手さは無いけれど、「こりゃ痛えだろうな」という場面の連続で、そういう意味で好感がもてます。  主人公が足を撃たれ、3年後も後遺症に苦しみ、時々、膝に溜まった水を抜いている、とか、「現実はそうだろうな」と思ってしまいます。  (ま、最後ばかりは、肩に弾が当たっても、その後すぐに走れていましたが。)  2キロ走っても息を切らさない超人が出てくる話はもはやウンザリ(セガール映画とかの話)。  日常と繋がっているつくりは好きですね。  多くの方が感じたように、この邦題は「どうにかならんかな」と思います。 「パンチにようこそ」の方がずっと良いですね。 

閲覧数846