レビュー一覧に戻る
ビトレイヤー
2013年5月4日公開

ビトレイヤー

WELCOME TO THE PUNCH

992013年5月4日公開

che********

4.0

ネタバレ裏切り者は誰だ

警察官のマックスは犯罪者のジェイコブを追っていたが、その裏で警察内部の者が事件を操っていることが判明する。最初は敵同士だったマックスとジェイコブだが、お互いの敵が同じ相手だと知り、2人で協力して真犯人を炙り出して戦いを挑む話。 結局は選挙のために銃犯罪を検挙して功績を上げようとした政治家、警察官と記者などがグルだった。相手を倒し、再び敵同士に戻ったマックスとジェイコブだが、マックスは過去に自分を殺せたのにそうしなかったジェイコブへの借りを返すために、ジェイコブを見逃すことにする。敵味方関係なく、恩の貸し借りをなくすという男前なマックスだった。 警察内部にいる裏切り者を追い詰めるというよくある話ではあるけど、犯罪者と手を組むというところがこの映画の面白さ。敵の家に乗り込んで友人だと偽って敵の祖母を人質にとるシーンは、祖母を囲んでる絵面が少し笑えた。銃撃戦になるところでスロー映像になって、どうなるねん!って思わず息を飲んでしまったり。 最後、駆けつけた警察官に対してマックスが両手を上げて振り向くシーンの格好良さは堪らない。 銃撃戦やらサスペンスアクションが好きな自分的には、シンプルだけど十分に楽しめる作品でした。

閲覧数875