レビュー一覧に戻る
ビトレイヤー
2013年5月4日公開

ビトレイヤー

WELCOME TO THE PUNCH

992013年5月4日公開

eno********

5.0

ネタバレこの緊張感…たまらん!

無音、俳優の顔アップ、カメラはスローで動く、というシーンが多い。 その俳優がみんな惚れ惚れするほど良い表情で、張りつめた緊迫感が痛いほど伝わってくる。 緊張感が心地良い映画って、こういう映画のことを言うのだと思った。 ゾクゾクします。たまらないです。 ロンドンと思えない近未来的な背景も、他の映画にない幻想的な雰囲気を出してる。 スポットライトが飛び交い静寂の中でゲームの音だけが鳴っているクラブで、敵同士の二人が再会するシーンなど、鳥肌が止まらなかった。 時々コテコテに狙った演出が気になったけど、全体的にはグッと抑えてあるので、その対比が面白い。 公開直後に続編の話が出たようだけどあれからどうなったんだろう。 キャストもスタッフも変えず、このままのスタイルの続きがぜひ見たいです。

閲覧数1,238