ここから本文です

ビトレイヤー (2013)

WELCOME TO THE PUNCH

監督
エラン・クリーヴィー
  • みたいムービー 65
  • みたログ 381

3.17 / 評価:157件

原題は パンチへようこそ

  • ada***** さん
  • 2013年5月8日 22時17分
  • 閲覧数 781
  • 役立ち度 9
    • 総合評価
    • ★★★★★

深く潜行していた犯罪者が、久々に姿を現した。心身共に痛手を受けながらもずっと追っていた刑事が、彼を捕らえようとするのだが、、、、二人はもっと大きなうずに巻き込まれていたのだ。そこで彼らは、、、、っていうお話。。


ここの評価はあんまり。。。だったけど、そうかなぁ?
確かに、詰めが甘いっていうか、、浅いっていうか、、え?ってエンディングっていうか、、詳しくはセリフで喋らせすぎっていうか、、、(←結構厳しい)でも、悪くはなかったデスよ。(^_^;)。。


☆ジェームズ・マカボイ・・・静のイメージですが、なかなかどうして動きます。そういえば「ウォンテッド」でも頑張ってましたよね。ジェラルド・バトラー 風のお髭がワイルドで、青年顔から随分大人顔になったような感じがしました。でも、まだまだ甘ちゃんだねぇ(脚本のせい?)。。。

☆マーク・ストロング・・・主役はこっちですね。犯罪者役なのに、息子のために涙したり、刑事をたすけちゃったり、カッコイイです。アンディ・ガルシア似?って言われて、ん?私の中では混ざっていたかもしれません。スタンリー・トゥッチにも似てると思います。ますます混ざってる。。。。。


画的にはステキでした。ロンドンが舞台なのですが、昔風ではなく、スタイリッシュ(?)なビルばかりを写しています。ブルーグレーな色もいいですね。おとこたちも皆いい男揃いでした。イギリス男は大好物なので、甘いかも(^_^;)。。

紅2点の女性陣が、ちょっと物足りなかったな。もっと活躍させてあげても良かったのにね。。

うーん。やっぱり脚本がダメだった、、、か、、、、、、、なぁ。。

作中でわかるけど、原題では内容が伝わらないよね。でも、「ビトレイヤー」ってなに?って思ったのは、私だけじゃないよねぇ。。。

betrayer・・・・裏切り者,売国奴(traitor);背信者.2 内通者,密告者.3 誘惑者. ...

イギリスは銃規制が厳しく、通常は刑事も銃を携帯できない。←これ大事です。。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • 不思議
  • 不気味
  • 勇敢
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ