レビュー一覧に戻る
ガッチャマン
2013年8月24日公開

ガッチャマン

1132013年8月24日公開

sin********

1.0

ネタバレ久しぶりの駄作

CGはとても良かったです。あとは、どんなに頑張っても褒めるところがない、駄作映画です(映画ともよべないほどの駄作中の駄作) 最初の17日で、ギャラクターが世界の半分を征服して、それから数十年後、東京は日常生活を送っております。きっと、世界を半分占領して、ギャラクターは満足したのでしょう(シナリオ設定がズブズブすぎる!) 元恋人をめぐっての三角関係もあり、何の目的で戦っているのかさえ解らないありさま。はっきり言えば、まだギャラクター側は何の為に戦っているのかが良く分かり、恋愛もつれが続いている中で、一方的に”悪党”と決めつける根拠も乏しく、逆にガッチャマン側は、強制的にガッチャマンをやらされているブラック社員の状態。。ギャラクター側は、選択の自由を与えているのに、ガッチャマン側は選択の自由もない・・・。 映画だから、とにかく相手を悪党にして、最後は地球を救ったガッチャマン!としているが、ほとんど救ったのは少年1人の頭脳だが、スーパーコンピューターを上回るぐらいの接続に、ジャックプラグ(USBケーブルの方がまだまし?)1本(どこから出した?)だけ繋げれば、すぐにアクセス完了する設定。お約束の、東京だけ救えないギリギリ設定で、最後は悪の拠点をぶつけてセーフでした!!と、これまた何もヒネリもない解決方法・・・。 とにかく話の辻褄が合わないシナリオ、人間関係もダメダメなガッチャマン側、三角関係のもつれ、育ての母親が、あと一か月の命もない状態など、まるっきり無視して、地球を救って”俺たち最高だな!”(根本的な解決はまったくしていない、地球は半分占領状態中)と終わる。 はっきり言って、本当に見ているのが苦痛で苦痛で、何とかがんばって見たけど、これから見る人は、CG以外は苦痛でしかないと思って下さい。とにかく、時間の無駄だけは覚悟して下さい。

閲覧数1,585