ここから本文です

ガッチャマン (2013)

監督
佐藤東弥
  • みたいムービー 97
  • みたログ 902

1.93 / 評価:1194件

解説

1970年代にタツノコプロが制作した人気テレビアニメ「科学忍者隊ガッチャマン」を、VFXを駆使して実写化したアクション。地球の危機を救うため石の力を利用して戦うガッチャマンの活躍を描く。リーダーの健に、『ツナグ』などの松坂桃李が抜てきされ、メンバーとして綾野剛、剛力彩芽、濱田龍臣、鈴木亮平が共演。『カイジ』シリーズの佐藤東弥がメガホンを取り、『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズなどのVFXを担当する白組が名を連ねる。最新技術で再現されたガッチャマンのガジェットやアクションに期待。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

21世紀初頭。謎の侵略者によって、たったの17日間で地球の半分が壊滅的な被害を受ける。侵略者から地球を守るため、“石”という特殊な結晶体の力を引き出せる適合者が集められる。適合者は800万人に1人。施設に集められた適合者は特殊エージェントとしての訓練を受け、石を操る忍者、ガッチャマンとして侵略者と戦うべく立ち上がる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ