ここから本文です

スタンリーのお弁当箱 (2011)

STANLEY KA DABBA/STANLEY'S TIFFIN BOX

監督
アモール・グプテ
  • みたいムービー 90
  • みたログ 368

3.61 / 評価:210件

子供の真を表現することに失敗

  • pan******** さん
  • 2019年6月1日 4時46分
  • 閲覧数 1614
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

冒頭からずっと付きまとうちぐはぐ感。子供同士の感情の絡みが全く感じられない。そのため弁当を分け合う普遍的なシーンも感情移入出来ず、インドの文化的な習慣なのかなとか冷静な頭が感情を逃げさせてしまう。

子供の真を表現しようとして失敗すると、そこから大人の作為が醸し出される。今作のような素を表現しようと演技指導を極力しないという手法でも。
クラスメートと主人公の絡みは割と重要なはずなのに子供のお遊戯会のように見えてた。主人公とキャラの濃い先生が演技しているぶん余計にエキストラ感が出ていた。

子供の演出に失敗している中での最後のメッセージは大人の都合だけが浮き上がった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ