ここから本文です

攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain (2013)

監督
むらた雅彦
  • みたいムービー 48
  • みたログ 291

3.08 / 評価:165件

「温故知新」

  • ずいりゅう さん
  • 2013年12月20日 23時28分
  • 閲覧数 905
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

製作者サイドからは「今までとは違った作品を目指す」「新しい攻殻を」といった言い回しが出る一方、前作神山機動隊に当てられた人々の批判が相次ぎ、これは見物だな、と傍観者ぶって見たが・・・。
なんてことはない視聴者はなんだかんだ言って新しいものを求め、製作者は保身に走った、というのが作品とこのレビューを見終わった後の感想だ。
内容に関しては結局のところ目新しさはあまり感じられなかった。
前作以前の流れを「悪い意味で」踏襲している感じがした。
まだborder1段階で全てを言い当てることはナンセンスではあるが一連の事件を4話あたりで分けるのではなく別個のお話のようで、作品としてまとまるか否かは疑問が残る。
あらかじめマンガとして確立していることを知りながらも
個人的には全く別物を望んでいただけにどちらかというと少し落胆はした。

キャラのセリフの言い回しや声優さんの声色(ロジコマのポップな味付け、素子のドス声等)などは結局攻殻作品は自然こういう演出になってしまうんだろうな、とは思った。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ