レビュー一覧に戻る
HK/変態仮面
2013年4月13日公開

HK/変態仮面

PG121052013年4月13日公開

cyborg_she_loves

4.0

前半はピカいちに面白いです

前半(ムロツヨシさんが出て来る前あたりまで)は、深夜だというのに思わず大声あげて笑ってしまった、ってぐらい爆笑しました。  ムロツヨシ、佐藤二朗、安田顕といった人たちが出てくる場面になると、一気に退屈になってくる。  別にこの3人の演技が悪い、と言いたいわけじゃありません。  私は原作を知りませんので、どの程度が原作由来なのか知りませんが。  変態仮面はその変態ぶりと正義の味方ぶりとのギャップが面白いのであって、ただの正義の味方になってしまったんじゃ面白くも何ともない。  変態仮面が「おれはノーマルだ」と主張するとか、自分より変態な敵を見て腰を抜かすなんていうストーリーは、この作品の一番面白いところを自分でブッ壊していると思いました。  その分だけ☆1つ減点。  でも、少なくとも前半は、大好きな福田雄一作品群の中でもトップクラスで好きな映画です。  香港、台湾、アメリカなどで熱狂的なファンを獲得したというのも当然のことだと思う。”Hentai”という単語が世界共通語になるきっかけを作った歴史的映画でもあります。  鈴木亮平くんの肉体美は、男性の私が見てもホレボレしますね。  アーノルド・シュワルツェネッガーなんて人は、キン肉マン俳優として売り出したけど結局はキン肉マン俳優以外の何者にもなれないまま終わっちゃった。  対するに鈴木亮平くんは、「天皇の料理番」みたいな痩せ衰えた男から、西郷どんや「俺物語」みたいな巨漢まで、変幻自在に体型を変えるばかりでなく、シリアスからコメディまで軽々と演じ切ってしまう演技力にも定評があります。  つくづくすごい人です。

閲覧数1,398