ここから本文です

HK/変態仮面 (2013)

監督
福田雄一
  • みたいムービー 383
  • みたログ 4,803

3.82 / 評価:4151件

本年度ベスト1邦画!生きててよかった!

1週間以上レビューが書けなかった。

この映画を絶賛したら、人格を疑われるんじゃないかと
思って。でも書いてやる!

この映画は、おれにとって本年度BEST1だ!
しょーもないC級映画だけど、このしょーもなさが、
おれの心の琴線に触れる。

かつてこれほど、しょーもない内容の映画に真剣に取り組んだ
スタッフ・キャストがいただろうか?

変態という、危ない題材で人を笑わせることがどれほど難しいか。

おれの奥さん、なおまるはいい年したおば、、、いやおねえさんだ。
その彼女を、めったに劇場で笑わない彼女を笑わせた映画はまれだ。

彼女も本質のみを書いたレビューを執筆してくれた。
彼女の飾り気のまるでない文章もご覧になってほしい。

結婚して夫婦で映画館に行くことは、自分だけの趣味趣向だけでは、
許されない。現におれの妻は、「死霊のはらわた」のリメイクを観に行く
ことを、おれが土下座しても許してくれない。

「行くんなら、一人で行ってよね。」の一点張りだ。

独身の時は、一人でホラー映画を観ることなんて、へっちゃらだった。
しかし結婚した今は、やはり映画館に行くなら、感動を共有する仲間がほしい。

一緒に笑い、泣いて、はらはらドキドキして。
そしてその感動を、一生の2人の財産にしたい。
いつかおじいちゃん、おばあちゃんになって、
「あのとき、変態仮面、一緒に観て大笑いしたよね。」と。
一緒に映画館で感情を共有したことは、一生の財産になる。

そして変態仮面は、期待どうりおれたち夫婦を笑わせてくれた。

この映画のためにたくましい体になってくれた主役の鈴木くん。
そして敵役の本物の変態を演じてくれた、あの人。
パンフレットが発売されていないから、役者の名前がわからない。
劇場用前売り券も売られていない。だから直接1800円ださなきゃいけない。

でもこの映画は、この空前絶後のしょーもない内容を真剣に
演じるすぐれた役者たちのおかげで、歴史に残るカルト映画になった。

この映画はもともと少年まんがが原作。
だからきわどいところで、変態性をストップしてくれる。
きわめて大人の制御が効いた、大人の鑑賞を耐えられる映画だ。
だからこちらも大人の鑑賞態度を貫かなくてはならない。

どんなにしょうもない場面が出てきても、「もう、しょうがないわね」と
いうバカボンのママのように。

どんなに人格を疑われても構わない。

ファンが減っても構わない。

この映画は今年の邦画ベスト1だ。

神が許さなくても、おれは許す。

変態仮面、最高。

この映画は、まだ子供の心を残した大人たちへの最高のプレゼントだ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ