ここから本文です

むこうぶち10 高レート裏麻雀列伝 裏ドラ (2012)

監督
片岡修二
  • みたいムービー 2
  • みたログ 9

2.50 / 評価:6件

このオープニング誰得!?

  • baran さん
  • 2014年9月4日 23時53分
  • 閲覧数 648
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

麻雀が好きで麻雀関連の作品をよく観ます。

前作で脇キャストがずいぶん替わったが、もう今作は過去と色が違う。
オープニングがまずヒドイ。ドイヒーである。ここまでのむこうぶち10作品全て観たが、初めて観るのを放棄したくなった。

せめてこのオープニングがラストへの布石なら百歩譲って許せたかもしれない。
でも全然関係ないじゃん(怒)。回収する気などハナからナッシング。

麻雀自体のレベルも下がった。金山一彦氏演じる勘太さんが悪いんじゃないよ、脚本が悪いんだ。
だいたい流れがいい時はカンチャンでも自摸れるんだとか、裏ドラが乗るように祈るとか、それって我々素人がやってる一般的なリーチ麻雀で、戦略もクソもない。勘太さんは元プロの設定でしょ、せめて天で描かれていた裏ドラの偶数・奇数の概念のようなちょっとは中級者が感心するようなものを取り入れて欲しかった。

それに傀ちょっと太った!?ヘアスタイルを変えたせい?
傀が笑って勘太が白で裏目って上がりを逃すシーン、あれは自分なら両面じゃなくて絶対に白のシャボでリーチ打つよ。結果論でなく、白が枯れているわけでなく1翻でも欲しい場面であの両面待ちは無い。

やはり及川奈央さんのほうが手島優さんより良かったな~。手島さんは化粧がケバすぎて元の顔がわからない。

最初は高田延彦氏の安永もどうかと思ったが、小物臭しかしない藤永くんよりはイカツイ安さんの方が傀との絡みには合ってるな~。

今作の見どころ!?あえて挙げるなら宮内こずえさんのピチピチのミニスカートだけかな。
麻雀プロが世間に認知されてきたのはキレイな女流プロの功績が大きいよね。
男ならたまには女性と同卓して麻雀打ちたいし、それがキレイな女性ならなおさら楽しいでしょう。

タレントとしては売れなかったとしても麻雀を覚えて女流プロとして活躍すればタレント時代より知名度が上がって日の目を浴びそうな気がするよね今の世の中だと。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ