ここから本文です

二流小説家 シリアリスト (2013)

監督
猪崎宣昭
  • みたいムービー 68
  • みたログ 384

2.73 / 評価:250件

東映の政治力は二流以下!?

  • motorhead_lemmy さん
  • 2013年6月23日 21時37分
  • 閲覧数 579
  • 役立ち度 15
    • 総合評価
    • ★★★★★

レビューしようかどうか迷ったが、当たり前のように酷評の嵐なので、僕も書かせてもらいます。
本当に見所が無い作品でした。
この程度の完成度で映画化するとは、観客を馬鹿にしてるのかと云いたくなるね。

「はぁ~?」と失笑するような、まさかの展開の連続で呆れる…いや、驚くばかり(苦笑)
原作未読ですが、デイヴィッド・ゴードン作を映画化ですか。
事情は知りませんが、ビジネス面での大人の事情なんだろうなって、想像が付きます。

こう云っては何だが、韓国映画界だったら、「傑作に値する作品」を作り上げるのではないだろうか?(-_-;)

今更、2時間ドラマで十分だなんて、どうこう云うのは止めておきますが、一つ云わせてもらうと、知名度のある役者を寄せ集めしてるだけの作品ですね。
これだけ、つまらない作品だから尚更、目に付いてしまうよ。
それに、伊武雅刀、本田博太郎は他の邦画作品でも、しょっちゅう顔を見たような気がするのだが…思い違いかな?(苦笑)
思い違いじゃなければ、使い回しなんて止めてもらいたいですが。

まともに、伏線を回収出来ない作品に納得なんて無理だし、ちゃんとお金を払って鑑賞した自分自身が馬鹿馬鹿しく思えてしまうわ。
映画監督経験が少ない人に撮らせたら、こうなりますよって、悪い例なのかも。

たま~に、低評価作品の中に自分好みの作品がありますが、とてもじゃないが、本作は無理です。
アフター・アースのように、フォローする気にもなりませんな、残念ながら。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ