ここから本文です

二流小説家 シリアリスト (2013)

監督
猪崎宣昭
  • みたいムービー 68
  • みたログ 383

2.73 / 評価:249件

原作はよさそう。

  • yuz***** さん
  • 2013年6月28日 0時47分
  • 閲覧数 406
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

武田真治の演技はよかった。あとの役者は空気。別れた婚約者だとか、謎のフィクサーだとか、けずってもよかったのでは・・・。

脚本がいまいちでしたね。
弁護士のおばちゃんが、3人殺したというのが無理がありすぎる。
あと姪っ子をつかまえても、帰ってくるまで待っていてくれるというイイ人な展開。

頭部の発掘シーンで4人ともでてきてもよかった気がする。

遺族会はだれから本の話を聞いたのか。

最後の絞首刑のカットももっと見せ方があったと思います。

粗さが目立ちました。もうちょっと観る人がどう思うか、計算して脚本を書きましょう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 知的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ