ここから本文です

エンド・オブ・ホワイトハウス (2013)

OLYMPUS HAS FALLEN

監督
アントワーン・フークア
  • みたいムービー 585
  • みたログ 3,305

3.55 / 評価:1791件

金には見せるな(R-金)

  • 川崎オスカー さん
  • 2013年6月19日 11時19分
  • 閲覧数 2308
  • 役立ち度 32
    • 総合評価
    • ★★★★★

北の若造が見たら真似するぞ。
テロリストが犯した“究極のミス”を修正すれば半島統一は可能だと勘違いしながらね。
大統領解放の条件は「財務省職員の自死」がプライオリティ上位。
あのおっさん一人居なければテロリストのホワイトハウス占拠は成功だったのだから、第七艦隊撤退や××コードを聞き出す前に、まずあのおっさんをどうにかしておくべきだったね。

テロリストとのドンパチ映画の基本を忠実に、しかし派手さは究極に作りました。という教科書的な作品。
ペンタゴンで指揮を執る幹部にも、ご存知あわてんぼうの憎まれ役が居て、想定どおりに叱られる。

テロリスト側の元相棒が、一人ぼっちで財務省のおっさんをやっつけに行くのも基本どおり。本気で主役をやっつけちゃったら物語が成り立たない・・・どころか、アメリカがなくなっちゃうから、これでいいのだ。
頑強な核シェルター(BANKS)へ簡単に出入りできるのも、楽しい映画つくりのためには必須項目。
ここで提案。
ホワイトハウスを立て直すなら、富士急ハイランドの連中に手伝ってもらおう。
《戦慄迷宮》のほうが断然に強固で守備的なはずだ。
早くしないと8月ごろに、またやられるぞ!

そんなレビューなのに評価は望外の★5.
このカテゴリーの映画(ダイハード系)にしては、びっくりするほど楽しんだ。
実は満点付けるのが恥ずかしくもある。照れ隠しに「コミカル」をチェックしておいた。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • スペクタクル
  • パニック
  • 勇敢
  • 知的
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ