ここから本文です

メイジーの瞳 (2012)

WHAT MAISIE KNEW

監督
スコット・マクギー
デヴィッド・シーゲル
  • みたいムービー 187
  • みたログ 755

3.90 / 評価:478件

かわいくて切ない

  • lim******** さん
  • 2020年8月11日 18時50分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

配信にて。ロック歌手と美術商の親を持つメイジー。親は離婚で親権を巡って父母は常に言い合い、10日ずつ交代で面倒を見る決まりになるんですが、それぞれ「愛してる」「ずっと一緒にいたい」等と都合のいいことをいうものの、それぞれ取り敢えずで見つけたような再婚相手に娘を託して、親は自分たちの都合で生活します。次第に10日のルーティーンも忘れただの仕事だの都合がつかず崩壊し、終いには「少し早いけど」「〇〇のところに行って」「また会いに来る/迎えに来る」と、父は仕事をしに英国へ、母は大型ツアーへ出かけてしまいます。
残ったメイジーはパパママの言うことを良い子に聞いて頷くんですが、二人がいない間、愛情をもって接してくれるそれぞれの再婚相手から本来の愛情を感じていきます。そして、都合のいい相手として結婚した二人はお互いの立場を理解して惹かれていく。
最後は再婚相手であった二人と過ごし、ツアーの最中また「一緒に行こう」と迎えに来た母親に、遂にメイジーは「一緒にはいかない」と訴えます。
レビューを漁っていると多々あるんですが、兎に角これは父親が最大級にひどいです!序盤はリンカーンを利用していると間接的に匂わせつつ、彼からも娘を引き離そうとする母親にイライラするんですが、父親の方がマーゴの親切に付け込むというか、家のは流石にひどすぎます。どんな神経して帰ってくるのか。
兎に角役の良さもあるんでしょうが、マーゴとリンカーン役の人が綺麗で視覚的にもすごく満たされます。幸せ感覚が伝わってくると言いますか、全体的にしっとりしてるんですが兎に角メイジーが振り回されて可哀想なのに最後はなんとなく良かったね、って気持ちになります。母親はメイジーに向かって私とそっくり、と最後言っていましたが、メイジーにはマーゴとリンカーンからの愛情を感じてもらって、素敵な女性になって欲しいです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ