ここから本文です

ペーパーボーイ 真夏の引力 (2012)

THE PAPERBOY

監督
リー・ダニエルズ
  • みたいムービー 109
  • みたログ 755

3.51 / 評価:439件

ニコール・キッドマンの女優魂を感じた。

  • 深海魚 さん
  • 2013年11月9日 0時07分
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

予告編を見たとき、シャーロットを演じていた女優がニコール・キッドマンだとわからなかったので、フライヤーの写真を見ても彼女だと気づけなかった。まさか彼女がこんなビッチな女を快演するとは思わなかった。リー・ダニエルズ監督へのインタビュー記事によると、ジャック(ザック・エフロン)がクラゲに刺されたときのシーンは、実際にニコールが放尿して撮影したそうだ。凄まじい女優魂を感じた。

間延びした感じがする脚本で、途中で飽きてきてしまった。鑑賞前は、R15指定なので暴力的なシーンなどもけっこうあるのかなと思っていたが、終わってみれば大部分のシーンが中途半端な描かれ方の作品だった。ジャックのペーパーボーイらしさがあるのかと思えば、そうでもなく、ニコールの演技以外は印象に残らなかった。


2013年9月26日鑑賞

パンフ:買わなかった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ