ここから本文です

ペーパーボーイ 真夏の引力 (2012)

THE PAPERBOY

監督
リー・ダニエルズ
  • みたいムービー 108
  • みたログ 751

3.51 / 評価:435件

せつない映画

  • ais***** さん
  • 2014年3月6日 1時48分
  • 閲覧数 816
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

レビューなどを見ずに鑑賞しました。
先がまったく読めなかったので、ストーリーの流れはとてもよかったと思います。

最初からニコール・キッドマンの「えっっ!」 とびっくりしてしまうシーンがあり驚きましたが、この映画を通して人の持つ「癖」というのは本当にいろいろなものがあるんだなと考えさせられたし、「普通」や「普通じゃない」という考え方さえ壊れてしまう気がしました。

そしてマシュー・マコノヒーも仕事に熱心で弟思いのいい役どころなのかと思ったら、想像もできないくらいダークな部分を持っていて、その二面性を見事に演じきっていてすごいと思います。

そんな中でザック・エフロンの演じるジャックは唯一、純粋でまっすぐで感情移入しやすいキャラクターでしたが、彼もまた小さな頃に母親と別れたことによるトラウマというか、心の中に「影」をもっていて、彼の人生で母親不在が与える影響はとても大きかったと思います。

だけどそれ以上に彼がこの夏に経験した出来事は、彼の人生を明るくしてくれるものではなかったし、こんな経験をしたら普通の感覚で生きて行くことはできないと思いました。

見終わった後は気持ちが苦しく切なくなりましたが、見てよかったと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ