ここから本文です

ペーパーボーイ 真夏の引力 (2012)

THE PAPERBOY

監督
リー・ダニエルズ
  • みたいムービー 108
  • みたログ 751

3.51 / 評価:437件

浅い話をエログロで埋めただけ

  • man***** さん
  • 2014年3月9日 23時29分
  • 閲覧数 1053
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

何とも消化不良な印象が拭えません。

60年代の田舎町で起きた警官殺しの真相を突き止めるために
やってきた新聞記者。
しかし事件そのものがしょうもなくしょぼいので、観ていて
正気どうでも良い気分になります。
結局事件の真相はそっちのけで、エロやホモ、倒錯などの
サイドメニューを無理矢理盛りつけた感があります。

60年代の黒人解放運動やフリーセックス、ウーマンリブの台頭などが
実はこんなえげつない白人たちの茶番だった、という皮肉なんでしょうか
(黒人の監督ですしね)

ニコール・キッドマンのビッチぶり、マシュー・マコノヒーの変態ぶりは
良かったですが、
映画としては何とも微妙です。。。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ