2013年6月15日公開

ファインド・アウト

GONE/DISPARUE

942013年6月15日公開
ファインド・アウト
3.2

/ 436

8%
26%
43%
19%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(129件)


  • oir********

    1.0

    突っ走り狂言者にイラつかせどう落とすか?

    狂言妄想者や記憶喪失者を悪用したこの手の視聴者イラつかせ欺きパターンは結構目にするところ。 ヒロインがどれだけやばい嘘つき妄想者であるかイライラを伴わせつつ視聴者にこれでもかと印象付けると共に、「もしかしたら彼女の言うことは本当かも?」と思わせる演出はまあまあ成功していたと感じられる。特にヒロインのいらつかせ演技は見事だったんじゃないでしょうか。 残るはどういう落ちになるかという一点だったが、そこは言いますまい。 しかし、個人的にはこの手の物は食傷不感症気味で、イライラはしたがハラハラは全然しなかった。 肯定評価する気にはなれない±ゼロ 一つ。何でだ??と思ったのは無能刑事たちがやたらイケメン揃いだったこと。 でもあれかね、彼らが冴えないメンツだったら救いようのないB級映画に成り下がってしまったかもしれないし、イケメン揃いゆえ(ヒロイン姉妹は美人だし・・)奇妙にもビジュアル系映画の線は保っていたといえるかもね。←だからと言って総評価が上がるわけではないけれど。

  • ssh********

    4.0

    アクションではないが面白い

    イメージとだいぶ違ったが面白かった。 スリラー独特のジメジメしたところが少なく、テンポよく進み終盤は結構ドキドキさせられた。 出演者もそれぞれ計算された演出で、物語に引き込まれていく。

  • koume1532

    4.0

    ネタバレB級スリラー

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • asa********

    2.0

    アマンダの失敗の始まり

    小柄なブロンド美少女だった、アマンダ・セイフライド。名作「レ・ゼミラブル」の娘役から、素敵な役を演じて楽しみな女優として期待していました。が、この作品は、まったくの期待はずれでした。  同じく小柄のブロンド美少女なのに、「ララランド」という作品にめぐり合ったエマ・ストーンと、「マンマミーア」以来パッとしないアマンダ・セイフライドとの差って、一つひとつの映画作品の出来なんだと思います。  この「ファインド アウト」のような、余りにつまらない作品に出て若い盛りの美しさを無駄に浪費したら、やっぱり大スターと、脇役しかまわってこない小物で終わる差がついてしまうのだろう。  第一に、犯人の誘拐・監禁目的が、落とし穴に娘を落として閉じ込めて、娘が狂い回って腐って土に戻るのを眺めるのが快感だという犯行動機なんて、こりゃあ、犯人が捕まらない訳だわなぁ。  複雑な家庭環境と拉致されたトラウマに苦しむ主人公を演じるアマンダ。その精神不安定な病んだ役柄は、若くて生き生きとしたアマンダの魅力をかき消してしまい不安定な鬱々とした主人公の状態のみ伝わり、アマンダ自身が本来の明るく爽やかな素顔がのぞく事はなかった。  若さという武器を使う覚悟が、一握りのスターには必要で、「ソルト」での骨折もいとわないアンジェリーナ・ジョリーの痛々しいほどの身体を張ったアクションもなければ、ヘアーも胸もさらけ出し一皮向けた「レッド・スパロウ」のジェニファー・ローレンスのような覚悟が、アマンダには無かったのだろうか。  余にも見所が無い、このような作品に出ることを選択したアマンダ。激しいアクションもなく、18歳禁ぐらいの身体を見せる覚悟もない、アマンダ・セイフライド。  アマンダは、この頃は、とても美しい魅力あふれる、将来が嘱望された若手女優だったでからこそ、この作品に主演した事がとても悔やまれます。  アマンダ自身、こんな何処をとっても中途半端以下の四流映画に出た事が悔しかったんじゃないのかなぁ。自分でも、きっと「ファインド アウト」は見ないのだろうな。

  • y2v********

    4.0

    ネタバレドキドキしながら観れた

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • yuki

    3.0

    なかなか良かった

    ただ、警察が無能すぎてちょっと不快 あと、ジルが運転上手すぎる 口からでまかせばかりですごい あんな女は嫌だ。 犯人弱すぎ。 そういう演出なんだろうけど 後半、画が暗くて観づらい。 文句ばかり出るけど 最初以外はテンポが良かったので 観やすかった。

  • mem********

    2.0

    ネタバレ新任刑事仲間にならないのかよ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ono********

    4.0

    サスペンス

    ハラハラドキドキして楽しく観ました。

  • muk********

    2.0

    警察目線で観るかジル目線で観るか

    ラストを観るまで主役の女性ジルの 嘘にイライラし、本当に精神疾患なら 救われない映画と感じるかもしれない。 ジルが犯人と決めつけた男の携帯番号 を突き止め、直接森の中で会うことに なるラストシーン。暗闇の中ゆっくりと 車を走らせ、行き止まりになり歩いて 来いと言われ行きついた先に穴があり 落とされる。 上記はラスト10分前なのだが この時点でもジルが精神病で妄想 なんじゃないかという思いが拭えない エンディングで今までの出来事は ジルの妄想では無かった事で決着するが 何か色々最後までモヤモヤする映画。

  • ヱルカ

    2.0

    ネタバレラストが拍子抜け

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • vio********

    3.0

    ぽいぽい

    妄執的な主人公の描きかたが良いですね。 便宜上必要とは言え あらゆる人物に嘘を言って情報収集。 ヤバい人にしか見えない! とは言え、実際相当な時間が経っているのに 頑としてモリーを探さない警察もまたヤバい。 (実際軽く対応されるとは聞くものの...)

  • Tcode

    4.0

    マンマ・ミーアのイメージが

    アマンダが一人で奮闘する作品です。 マンマ・ミーア、好きで何度も作品を観ているせいかアマンダを観るとどうしてもマンマ・ミーアのイメージから抜け出せません。 髪をバッサリと切ってヘアスタイルを変えるなどしないとなかなかあの作品のイメージはぬぐえませんね。 ちなみにアマンダ主演作品では「ジュリエットからの手紙」も好きです。

  • タイムスリップ1.21ジゴワット

    3.0

    アマンダ・セイフライド

    井上真央とかぶる

  • wak********

    3.0

    死を恐れず深みに足を突っ込む姿に

    妹が同様の手口で誘拐されて、警察には相手にされず、精神病扱い。正直見てる私もそう思えてしまう狭い心が痛い。 それでも臆することなく嘘八百をならべながら行動していく姿が強い。

  • bbb_ccc_ddd

    5.0

    サスペンス

    評価を見て半信半疑で鑑賞しましたが、サスペンスが好きなら見ごたえはあると思います。 アマンダのワンマンショーに仕上がっているので、彼女に興味がある方には最高の作品かも。

  • jsd

    4.0

    良くできたスリラー

    低予算ながらとても良くみまとまった良作です。 しっかりしたシナリオと主演の演技力で安心してオススメできる作品。 少し過小評価気味です。

  • yut********

    3.0

    ただのヒステリーかと思いきや

    途中で飽きたけど、結末よかった。

  • シンハ

    5.0

    怪しい奴ばかり

    疑わしき人物ジム、 担当刑事パワーズ、 新米刑事フード、 精神科医のアンダース。 次々出てくる怪しい奴。 そもそも、主人公ジルは精神的に正常なのか?変な薬を飲まされておかしくなってんじゃないか?妹のモリーは本当に誘拐されたのか? どこにオチを持ってくるかと思ったら・・・ 最後には警察の鼻を明かし、今後は不安にさいなまれることもなく、罪も逃れる見事な解決。 こんなお姉ちゃん、欲しいなぁ。

  • min********

    4.0

    ネタバレ最後のセリフでスッキリ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ********

    2.0

    ネタバレありきたり

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/7 ページ中