ここから本文です

ファインド・アウト (2012)

GONE/DISPARUE

監督
エイトール・ダリア
  • みたいムービー 406
  • みたログ 982

3.17 / 評価:423件

警察の落ち込み度は底なし沼よう

  • fg9******** さん
  • 2017年4月24日 14時19分
  • 閲覧数 1465
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

 …あらすじは、解説のとおり。
 原題は『GONE(見込みなし、絶望的)』。
 ジル(アマンダ・セイフライド)は1年ほど前に何者かに拉致監禁されたが、独力で逃げ帰えり警察に直訴したが、証拠がないので彼女の妄想と決め付けられてしまっていた。
 警察の無能さに腹立って、独力で拉致監禁されていた現場を探し続けていたが、折しも妹が行方不明になってしまったので、自分を拉致監禁した犯人が今度は妹を拉致したと警察に訴えたが、またもや信じてくれないばかりか妄想狂扱いにされてしまう。
 そんならそんで、もう自分でやってやるわいと聞き込み調査に奔走するが、この時の彼女の嘘八百の捲し立てが、こいつってやっぱり本当は妄想狂じゃないの?と観る側に思わせるところが一つのミソなのだろう。
 おまけに拳銃まで所持して暴走気味なので、危険人物として警察に追われる羽目になり、この時の彼女の走るは走る逃げ回るシーンは息を付かせない展開で見応え十分。
 この警察に追われる身でありながら、犯人探しに奔走するところがもう一つのミソ。
 果たして彼女は警察の追撃をかわしながら、犯人を見付けて妹を救い出せるのか?
 といったストーリー。
 結末と、猟奇的雰囲気のあまり感じられない犯人像は案外だったが、更に結末の、警察に拉致監禁現場の写真を送り付けて、『だって、みんな私の妄想だもん!』は爽快で、警察の落ち込み度は底なし沼ようなサスペンス・アクションを愉しめた。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ