ここから本文です

ホワイトハウス・ダウン (2013)

WHITE HOUSE DOWN

監督
ローランド・エメリッヒ
  • みたいムービー 269
  • みたログ 2,800

3.68 / 評価:1,733件

笑いとパロディがこの映画の真髄。

  • mag***** さん
  • 2013年7月23日 20時19分
  • 閲覧数 3158
  • 役立ち度 32
    • 総合評価
    • ★★★★★

「アルマゲドン」と「ディープ・インパクト」のように、
かぶる時はなぜか企画がかぶるハリウッド。

今年はホワイトハウスものの年のようで、
先の公開された「エンド・オブ・ホワイトハウス」と
この作品の一騎打ち。

どっちが好きかは、まあ好みなのだけど…。

しかし「エンド…」の悪口をレビューで書いたら、
誰も役に立ったボタンを押してくれなかったぜ(泣)。
http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id345215/rid6/p0/s0/c0/

さて、この「…ダウン」、
とにかくさすがサービス精神旺盛なローランド・エメリッヒ監督、
親子愛あり、アクションあり、さらに内部の陰謀あり、外交の確執ありと、
まあなんでもありのてんこ盛り!

で、「エンド…」になくて「…ダウン」のあるのが「笑い」。
まあこれも好き嫌いだろうけど、オレは結構爆笑したぜ。

チャニング・テイタムのなんでそこまで強いのって思うぐらいの
マッチョなアクションも、まあ好みだったし。

ストーリーが冷静に考えれば穴だらけっていうのも
両ホワイトハウス映画共通なんだけど、この「…ダウン」、
ちょっとオタッキーなコンピューター野郎が一味にいたり、
人質の中に家族がいることがバレて脅されてたりと、
奇妙なぐらいに「ダイ・ハード」のストーリーをなぞってくる。
ここまでやると、パロディかオマージュか!って感じ。

そんでもって、ホワイトハウスを襲撃するグループが、
テロリストじゃなくって、傭兵系ってとこが、
また別の超有名なアクション映画に似てるな…と思ってたら、
ラストちょい前の盛り上がりシーンが、モロその作品と一緒!
やっぱりこれって、パロディ映画だよ、絶対(笑)。
こういうのもサービスの一環と思って、笑い飛ばせれば、
この映画が好きになるってもの。

あ、そもそもジェイミー・フォックスの大統領っていうのが、
正にオバマのパロディだしね!

「笑い」&映画好きをくすぐるパロディ精神ってとこで、
オレの軍配は「…エンド」に。

とにかく気軽に楽しめるエンタメ作品として、
デートに、ファミリーにオススメの一本であることは間違いないよ!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここまでです このページの先頭へ