ここから本文です

ふたりのパラダイス (2012)

WANDERLUST

監督
デヴィッド・ウェイン
  • みたいムービー 9
  • みたログ 142

3.15 / 評価:62件

ロマンティックな要素無いよー

  • lockabbyjp さん
  • 2014年1月7日 1時08分
  • 閲覧数 1353
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

都会で暮らしていた夫婦が、

成り行き上田舎に移り住むことになり、

途中で遭遇した現代のヒッピー・コミューンにカルチャー・ショックを受けて、

ドタバタ劇を繰り広げ、

もともと夫婦間に入っていたヒビがあっという間に広がり、

何となく仲違いするけど、

結局は元のサヤにおさまって、

メデタシメデタシ。

という、真新しさが全く無いコメディ映画でした。

現代のヒッピー・コミューン(みたいなもの)を舞台に設定するのは珍しいけれど、それは日本では受け入れられないだろうな~。本国アメリカでも同じだったようで、大したヒットもしませんでした。

さすがにジェニファー・アニストン、ポール・ラッド、ジャド・アパトーのブランドでも如何ともし難かったようで、DVDジャケットにも表記されているように、全米映画興行成績トップ10にも2週しかランクされなかったようです(それを全米大ヒット!と銘打ってる・・・痛いよ)。

ただ、下ネタセリフのオンパレードと、下ネタを堂々と画像として映し出す(!)潔さは買いです。あと、わずかなわずかなカメオ出演ながら、レイ・リオッタの怪演っぷりは爆笑かも。

個人的にはアラン・アルダがコミューンの長老みたいな役割で、相変わらずの飄々とした佇まいを見せてくれたのが嬉しかった。

更にはジェニファー・アニストン、ポール・ラッド、アラン・アルダという顔合わせは、1998年の映画「私の愛情の対象」を彷彿とさせて、この映画のファンとしては嬉しい限り!ポール・ラッドの役名も同じ「ジョージ」で、思わずニンマリしてしまった。

まあ「私の愛情の対象」のようなロマンティックな要素は皆無ですが・・・。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ