レビュー一覧に戻る
エリジウム
2013年9月20日公開

エリジウム

ELYSIUM

PG121092013年9月20日公開

kak********

3.0

2154年の地球には住みたくなくなるSF映画

「第9地区」のニール・ブロムカンプが監督兼脚本を務めたSF映画。 近未来といっても2154年だから大部先のお話。物語は貧富の差が激しくなり美しい環境に住む住人と、劣悪な環境に住む住人に分かれた不平等社会を中心にある事件が起きる。未来は想像するしかないが英知を極めれば誰でも満足出来る社会が築けると思うのだが、理想的な社会が出現するSF映画は少ない。 主演は、「インターステラー」のマット・デイモン。共演は、「コンタクト」のジョディ・フォスター。他では、米TVシリーズ「プリズン・ブレイク」のFBI捜査官マホーン役で知られるウィリアム・フィクナーや、ニール・ブロムカンプ監督作品に多く出演のシャールト・コプリーなど。 スケールは大きくないし、意外に地味な作品。「第9地区」と違って、汚い場面ばかりではなく、富裕層の住む近代的環境は美観があるが、何だか温かみが感じられず、住み心地が悪そうにさえ思えた。やはり環境だけ整っていても、そこに住む住人が悪ければ良い社会にならないということかもしれない。 結局、医療技術が発展して寿命が長くなっても、昔の方が人間らしい生活が出来たと回顧するような未来であって欲しくないのが本音だ。花や蝶など自然の美しさの中で育つことがいかに貴重か改めて認識させられた。本当の意味での美しい地球がいつまでも続くことを切に願いたい。

閲覧数1,302