ここから本文です

フェニックス ~約束の歌~ (2013)

ROCKIN' ON HEAVEN'S DOOR

監督
ナム・テクス
  • みたいムービー 53
  • みたログ 115

4.18 / 評価:164件

韓国は好きじゃないけど、映画、音楽は別

  • なつそら さん
  • 2013年10月2日 23時19分
  • 閲覧数 926
  • 役立ち度 20
    • 総合評価
    • ★★★★★

高評価も低評価も役に立ってんだかどうだか、
よくわからないレビューが乱立してるようですが
惑わされず個人的な感想を…

正直、この映画はおきレビさんのレビューを見なければ、
見ることが無かったジャンル。
主演のイ・ホンギもFTISLANDも知らない。
何かともめることが多く、嘘ばかりついているイメージの
韓国ニュースを見るので、今は韓国そのものが好きではない。
ただ韓国映画は嫌いじゃない。
先日見た「ベルリンファイル」なんかは抜群に面白かった。
そんな中、本作品を鑑賞。

ホスピスを舞台に、アイドルが奉仕活動に携わっていくことで
変わっていく姿を描いています。
展開も結末も読めるような内容ですがとても良かったです。
最初は余命わずかの患者達が、健康的な顔色をしていたので
何だこれは?と感じましたが、おそらくわざとなんでしょう。
監督に暗く、重いものにはしたくないという思いがあったように感じ、
それが映画のテーマともよくマッチしていたように感じます。

主演のイ・ホンギの魅力もさることながら、
脇役の魅力的でしっかりとキャラがたっていました。
ラストのビデオレターはもうやばかったです。
劇中涙する人たちを写してましたが、
エキストラのビデオを見た生の涙でしょうか?
とても演技には見えない感じでいい演出でした。
ライブの客はファンばかりの印象でマイナスでしたが…

その中でも、何より音楽が素晴らしかった。
主人公が本物の歌手ということもあり聴かせてくれました。
『JUMP』も、ヒムチャン親子に歌ってた歌もすごく良かった。
エンディングの『オレンジ色の空』も素晴らしかった。
韓流はいい加減にして欲しいと思うこともありますが、
エンディングの曲を聞く限りでは韓流も悪くないなと思わせます。
それぐらい良い曲で、いい歌詞でした。

おかげさまで私はいたって健康ですが、
いつか来る、もしくは突然くるかもしれない「死」と
向かい合うことが出来るんだろうかと考えてしまいます。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ